LGB/エル・ジー・ビー

Feb 9, 2003.

エルンスト・パウル・レーマンと言うメーカーのブランド名で、「レーマン・グロース・バーン(=レーマン大型鉄道)」の略称です。元々は機械玩具を中心に商売をしていたメーカーで、1968年(昭和43年)に2番ゲージのナローであるLGBブランドのGゲージ製品を発表したことが鉄道模型参入の端緒となるようです。

「2番ゲージのナロー」と言う概念はエルンスト・パウル・レーマンがGゲージを旗揚げする以前から当然乍ら存在していたのでしょうが、TTゲージNゲージなど、続々と模型の縮尺が小さくなって行く中で庭園鉄道を訴求材料としていたことは兎も角も、ライブスチーム以外で敢然と大型模型を世に問うた功績は非常に大きなものがあると言って宜しいでしょう。

LGBのアメリカ型Gゲージ製品の中には、本来のナローゲージの他にスタンダードゲージの車輛も混在しています。EMDの流線型ディーゼル機関車とナローゲージの貨車が同じ線路の上に混在すると言うのも随分と異様な光景ですが、スタンダードゲージの車輛は1番ゲージよりも少々大きめの縮尺にして違和感を極力感じないようにしてあるみたいです(縮尺は1/26程度だったと思います)。