Kit/キット

Oct 1, 2015.

作品を組み立てるための加工済み素材一式がセットになって販売されている物です。加工の程度によって数カ所を接着して10分もあれば完成してしまうような「Easy to assemble」と呼ばれるキットから、完成までに何ヶ月も掛かるような「Craftman kit」と呼ばれる物まで、様々です。

アメリカ型の模型で単純に「キット」と言った場合は前者の「Easy to assemble」的なキットと考えればよろしいでしょう。嘗てのアサーンのブルーボックスや、カワイモデルやフジモデルの塗装済みキットなどもこの範疇に入ります。関水金属(カトー)の製品で手摺り類やナンバープレートなどを購入者が自分で取り付ける仕様になっている品物は、間違いなく「Easy to assemble」的なキットの範疇に入ります。アレを「完成品」と称して販売していて、良くも揉め事にならないものだと思いますが、、、。

バスウッドを多用した「割り箸キット」などは後者の「Craftman kit」の範疇に含まれます。このクラスになると上級者の便利のために用意された素材集、程度に考えて間違いは無いかと思います。日本国内で普通に売られている「真鍮バラキット」などは間違いなく「Craftman kit」の範疇に入ります。一説によると、タニガワやアダチのバラキットを普通に組み立てられる人が「私はアマチュアです」と言っても間違いなく信じてもらえないそうです。こんなモノを組み立てられる技量のある人は本職に違いない、と言うことのようです。