Track gauge/トラック・ゲージ

普通の鉄道模型の線路はレールと枕木が一体になった状態で販売されていますが、更に実感的な線路を求めたりする場合にはレールと枕木を別々に買い求め、レールは自分でスパイクを使って枕木に固定することがあります。この時に一々物差などでゲージ(=レール頭部間隔)を測りながらレールを固定して行くのは面倒で正確さに欠けますのでトラックゲージを使用してレール頭部間隔が正確に、HOゲージならば16.5mmOゲージならば32mmmになるようにするための工具です。レールの頭部に被さるような部材が3個ないし4個板に固定されていて、これをレールに被せながらスパイクを打ち込んで行けば自動的にレールは正しい間隔で固定できると言う代物です。

最近ではあまり需要が多くないからなのか、単独のトラックゲージは見掛ける機会が殆どありません。連結器の取り付け高さゲージの土台?の部分がトラックゲージ兼用になっているものが多いようです。