Columbia/コロンビア

Nov 9, 2009.

車軸配置が2-4-2(1B1)となる蒸気機関車のことです。前からも後からも同じ車軸配置になりますから走行安定性が宜しかったのか、日本ではコロンビアは殆どがタンク機で、テンダー機でコロンビアになっている車輛はごく少数です。タンク機としても余り大き過ぎず使いやすかったからなのか、汽車会社製の230型や、鉄道作業局のA8系などと呼ばれる機関車は相当遅くまで地方の鉄道で活躍します。

この車軸配置、古くから鉄道模型をやっている方には結構有名です。それと言うのも、機芸出版社の特集シリーズ「鉄道模型作品20題」にも採録されているのですが、中尾豊氏の「赤い古典ロコ」と言う記事に出てくるボールドウィン製の鉄道省の5060型(=旧・山陽鉄道39号機)がこの車軸配置だからです。

コロンビアと言う車軸配置はアメリカン(4-4-0:2B)のように快速向きに過ぎず、何となくほのぼのとした印象があって個人的には大好きな車軸配置の一つです。