コール・バンカー

Oct 1, 2015.

石炭貯蔵場所のことです。それも、機関庫の石炭備蓄場所などではなくて、蒸気機関車の車体に設けられている石炭貯蔵場所のことです。石炭は水と違ってパイプの中を自由自在に通すことができると言う代物ではないので、設置場所がかなり限定されます。多くの場合はファイアーマン(火夫)氏が石炭を火室に放り込む際に無駄な動きをしなくて済むような場所に設置されています。

テンダー付きの機関車でも石炭を積む場所はありますから当然乍ら「コール・バンカー云々」の話題は出て来ますが、殊更にこの種の話が出てくるのはタンク機関車である場合が多いです。それと言うのもタンク機関車はテンダー付きの機関車に比べると石炭や水を搭載する場所に制約を受けることが多いからです。極論をすれば、テンダー付きの機関車であれば、テンダーさえ大きくすれば水も石炭も無際限に大量に搭載できるからです←極論です。

一番無難な処ではキャブ直後に、外付けの荷受け台のような形状で設けられています。短距離用・入換用などで石炭を大量に積む必要がなかったり、頻繁に給炭出来るから一度に大量に石炭を積み込まなくて済むような車輛では、外付けのコールバンカーではなくてキャブ内部に石炭置き場を設置してあるような場合もあります。



ボールドウィン製機関車のコールバンカー
ボールドウィン製機関車のコールバンカー(黄色い矢印の部分が外付けコールバンカー)