Body mount/車体マウント

Aug 26, 2001.

連結器の取り付け方法の一種で「連結器を車体に取り付けてある」と言うことです。いわゆる「台車マウント」の対極にある手法と言って良いでしょう。車体マウントにするとカプラーの首の振り方が制限されるため急曲線の通過に支障はありますが、連結面のデティールを充実させられるメリットが有ります。台車マウントに比べるとオーバーハングが実質的に長いですから、インターアーバンなどの急カーブを通過させる必要性のある車輛ではカプラーの柄を極端に長くして対応するような場合があります。実際、実物のインターアーバンなどはこのようになっていることが多いです。

HOゲージの製品ですが、バックマンのスペクトラム・シリーズの85ft客車のカプラーは車体マウントですが、床板部分に簡単な連動機構が入っていて、台車が首を振るのに応じてカプラーポケット諸共カプラーが首を振るようになっています。カプラーが車体マウントにすることは曲線通過時に大幅な制約を受けると言う以外の目立った欠点は無いのですが、その懸案となっている部分を改善する素晴らしい工夫です。

但し、そこまで工夫したにせよカプラーが取り付けてある位置そのものまでが台車に連動して動くと言うことではないので、台車マウントにしたカプラーを使用している場合に比べれば「曲線通過時に大幅な制約を受けると言う」本質的な欠点は避けようがありません。走行性能を第一に考えるならばカプラー車体マウントは避けた方が無難だと思います。