Vauclain compounnds locomotive/ヴォークレイン複式機関車

March 18, 2001.

ボールドウィンの技術者であったサミュエル・ヴォークレイン氏が考案した複式機関車の一種です。低圧用の直径の大きいシリンダの上に高圧用の直径の小さいシリンダを載せているので、シリンダ断面が雪だるまのようになっていて、マレー式とは異なり関節構造の機関車には先ず使用されないのが特徴です。日本の蒸気機関車でヴォークレイン複式の車輛はかなり小数派で、後に五日市鉄道に払い下げられた鉄道省の3700型、B6から改造された3500型、その程度だと思われます。

ヴォークレイン複式機関車のシリンダ周辺
ヴォークレイン複式機関車のシリンダ周辺。