Stud contact/スタッド・コンタクト

Aug 11, 2006.

「スタッド」と言うのは「スタッドレスタイヤ」などから想像できるように、ピン状のものです。中央第3軌条方式の模型の線路は送電のために本来の2本のレールの間に1本余分にレールを敷設しなければなりませんが、これでは実物の鉄道とはかなり外観が異なるので、ピン状、釘状のもので代用して目立たなくしたものでメルクリンが「点接式」としているものがスタッドコンタクトそのものです。

スタッドコンタクトを採用しているのは恐らくはメルクリンだけで、これ以外にはイギリスのレール製造会社であるピコ(PECO)がHO/OOゲージ用にスタッドコンタクトのレールの部分だけをぐるぐる巻きにして売っている程度だと思います。メルクリンのものは完成状態の線路に既にスタッドが組み込まれた状態で販売されています。実物では某社がモンテカルロ市電用に納入したシステムが最初で最後のようです。

スタッド・コンタクト方式にはローラーシューは使用できませんので、3線式が前提の普通のOゲージ製品に使用するには工夫が必要です。当然ながらスタッドから集電するには舟型、ソリ型のシューが必要になります。