Smoke box/スモーク・ボックス

May 11, 2003.

蒸気機関車の煙突直下の部分のことで、日本語では「煙室」と言います。火室とはボイラーを挟んで正反対の場所に位置します。普通の水平ボイラーの蒸気機関車では火室で燃料を燃やして、その熱エネルギーを煙管を通してボイラー内に送り込み、煙室から煙突経由で排気する構造になっています。その際に排ガス類は煙突から屋外に放出されますが、煤の類は煙室内に溜まることになります。そのために、定期的に煙室内部は清掃する必要がありますから、ボイラー最前部(=煙室最前部)は扉のようになっていて、開けることができるのが普通です。この扉は「煙室扉」と呼ばれます。

模型の場合はボイラーの一部に開口部を設けることができるのは便利ですから、煙室扉を開けるとスイッチ類を操作することが出来て、前照灯のON/OFF、発煙装置のON/OFFのスイッチ類を煙室部分に装備している車輛もあります。位置的な便利さもさることながら、直感的に判り易い場所であるとも言えますね。



ポーター製機関車のスモークボックス部分。
ポーター製機関車のスモークボックス部分(鉄道省7100型:弁慶号)