Rheostat/レオスタット

Oct 1, 2015.

パワーパックに組み込まれて車輛の速度制御に用いる2端子の可変抵抗器のことです。電源(=パワーパック)と負荷(=車輛)の間にレオスタットを直列に回路に入れて使います。レオスタットのツマミを回して、「レオスタットと負荷の間の電圧降下の按分の仕方」を変化させることで、結果として車輛に掛かる電圧(=車輛の走る速度)を変化させるのが、レオスタットの基本的な使い方です。

鉄道模型以外での使い方はスピーカーの周波数分割用ネットワークに入れてツィーター(=高音用スピーカー)やスコーカー(=中音用スピーカー)の音量調整に使う、定価が7桁後半になるような高級な自動車のメーターパネルの明るさの調整に使う、なんて用法もあります。

鉄道模型に使う場合は、容量の関係もあって大抵は琺瑯(ホーロー)抵抗になります。普通のカーボン抵抗などでは容量が小さくて実用にならないからです。スピーカーなどに使う場合は鉄道模型用ほどの容量は必要ないので、単なる巻き線抵抗のレオスタットが使われます。最近では2端子の物は殆ど出回っていないので、実際には3端子のレオスタットのうちの2端子分だけを使用します。

古臭い素子ではあるのですが、モーター(車輛)と直列に回路に入れるだけで速度制御ができるので配線は極めて簡単で済みます。落っことしたりしない限りは機械的にも相当に頑丈です。電気的にも極めて丈夫で、万が一ショートさせて真っ赤に焼けてしまっても冷えれば元通りに使える場合が殆どですから、使い方さえ間違えなければ捨てたものではありません。



ソリスト(旧・東京電音)製レオスタット(ホーローボリューム)。右は25W型、左は100W型。
ソリスト(旧・東京電音)製レオスタット(ホーローボリューム)。右は25W型、左は100W型。



ご参考・レオスタットに関する私的考察