RDC/アール・ディー・シー

Apr 26, 1998.

Budd(バッド)社製のステンレス車体の液体式気動車で1949年から1962年に掛けて400輛程製造されています。車体構成により下記の5種類が有り原則は両運転台です。大雑把に妻面窓の大きい前期型と小さい後期型に分けられます。

模型化されるのは前期型が多いようで、アサーンのHOゲージの製品や、ウィリアムズのOゲージの製品もこのタイプです。但し、座席を2+3配列にして乗車定員を増やした車輛、ビュッフェ付きの車輛、RDC3(キハユニ)でありながらキハユやキハニになっている車輛も有ります。最も多数のRDCを発注した鉄道はB&M(ボストン&メイン)で総数109輛です。



  • RDC1:90人乗りキハ
  • RDC2:70人乗りキハニ
  • RDC3:49人乗りキハユニ
  • RDC4:キユニ
  • RDC9:94人乗りキハ


流石に現役の車輛は少ない筈ですが、経済制裁が奏功して?キューバは残存率が高いようです。



アサーン製RDC3(HOゲージ)
アサーン製RDC3(HOゲージ)