Plywood top/プライウッド・トップ

Aug 26, 2001.

レイアウトの基礎を作る工法の一種で、簡単な台枠を組んだ上にいわゆるベニヤ板(=プライウッド)を張って、このベニヤ板(=プライウッド)面を土台として線路を敷いたり、建物や地形を作って行きます。以前は「フラット・トップ」「ソリッド・トップ」などと呼んでいたこともあるようです。基本的にはベニヤ板に強度を持たす考えで作りますから、台枠自体は余り大掛かりなものでなくても済みます。

なお、台枠上面にベニヤ板(=プライウッド)を使っているので「プライウッド・トップ」の名がありますが、必ずしもベニヤ板を使わなければならないというものでもありません。ベニヤ板(=プライウッド)を使うのは、あくまでも平面性に優れていて面積の大きい材木を探すとベニヤ板に往きついたと言うことでしょう。