Plywood/プライウッド

Aug 26, 2001.

積層合板のことでいわゆるベニヤ板を指します。但し、本来のベニヤ板とは合板の表面に装飾のために張られた化粧板(=いわゆる突き板)のことですから、「プライウッド=ベニヤ板」としたのは単なる誤訳に過ぎないようです。そのプライウッドですが、鉄道模型では道床の材料にしたり、レイアウトの表面に張って地面にすると言う使い方をされます。

合板でない普通のムク板では大きな面積の板を取ることが難しいのですが、ベニヤ合板はラワンやらシナやらの原木を「大根のかつら剥き」を作るような要領で薄い板に剥いてゆき、その薄い板の目の方向が直角になるように互い違いに貼り合わせてゆきますから結構安くて大面積の物を作ることが出来ます。ムク板をそのまま使っているわけでは無いので反りが出難いと言う利点があります。

なお、一般にプライウッド(=ベニヤ板)は安物のイメージがありますが、これは単にラワン材などを使った安物のベニヤ板が多数出回っているためにそのように思われているだけです。実際にベニヤ板には安いものが多いですが、芯材までシナになっているシナ合板とか、同じく芯材までカバを使っているカバ合板などは相応に高価です。プライウッド(=ベニヤ板)だから、必ずしもなんでも安いと言う訳ではありません。最近では安いコンパネ(=コンクリートパネル)と言うと、ベニヤ板よりはむしろチップボードが使用されます。