L girder/エルガーダー

Oct 1, 2015.

レイアウトのフレームを作るための技法の一つで、1×4材と1×2材を組み合わせてL字形状のアングルを作りフレームに使用します。オープン・グリッド工法のフレーム材のみをL字形状のアングル材に取り換えたような仕様と考えればよろしいでしょう。

元々はモデル・レールローダー誌のリン・ウェスコット主筆によって提唱された物で、構造が簡単な割にはそこそこ充分な強度が確保できるし、将来の改造にも対応しやすいと言うメリットがあります。但し、所詮は1×4材や1×2材ですから、人間が載って作業できるほどの強度は期待できません。如何なる理由でこの程度の割り箸みたいに細くて華奢な材料を読者に使わせようとするのか、些か理解に苦しみます。

2種類の角材を用意しなければならない点も面倒だし、余り褒められた代物ではありません。