Geared locomotive
ギアード・ロコモーティヴ(歯車式機関車)

Oct 1, 2015.

日本では「歯車式機関車」と呼ばれます。普通の蒸気機関車はシリンダの出力をメインロッドに伝えて主動輪を駆動してからサイドロッドで各動輪に連動しますが、歯車式機関車はシリンダが直接駆動するのはドライブシャフト等であって、ドライブシャフトに取り付けられたギアが動輪に取り付けられたギアと咬み合い動力を伝達します。

通常、減速にはベベルギアを用いますが、減速機構が介在することで速度は出なくても力の強い勾配に強い機関車に仕上がりますので、鉱山鉄道、森林鉄道、運炭鉄道、山岳鉄道などに適していますが、第1級鉄道の本線に日常的に出没するような性格の機関車ではありません。

複数のメーカーが歯車式機関車を製造していますが、車輛の片側のキャブ付近のシリンダを集中させて縦型に配置するシェイ、ウィラメット、車体を前後から見るとシリンダがV型に配置されているハイスラー、シリンダをキャブ斜め下前方に斜め配置にするクライマックスなどが著名です。