Class 1 railroad/第1級鉄道

Aug 15, 2009.

250,000,000ドル(2億5000万ドル)を超える売り上げを持つ鉄道会社のことです。売上高によって第2級鉄道、第3級鉄道もあるわけですが、あくまでも話題の中心は売上高であって、車輛が格好良いとか、塗装のセンスが素晴らしいとか、駅員氏の愛想がよいとか、収益率が高いとか、そう言った話とは無関係です。但し、連日故障続き、運休連発、事故連発では売り上げ確保はおぼつかないわけですから、そこそこまともには走っている鉄道の代名詞と言えなくもありません。現状で第1級鉄道の範疇にはいるのは、AMTK(アムトラック)、BNSF(バーリントン・ノーザン・アンド・サンタ・フェ)、CSX(CSXトランスポーテーション)、GTC(グランド・トランク・コーポレーション)、KCS(カンザス・シティ・サザン)、NS(ノーフォーク・サザン)、SOO(スー・ライン)、UP(ユニオン・パシフィック)、です。

あくまでも売上高を基準とした用語ですから、貨幣価値が変われば基準も変わります。1930年代(昭和初期)には概ね年商1,000,000(100万ドル)ドルを超えていれば第1級鉄道の範疇に含まれていました。