Feet・foot/フィート・フート

Feb 21, 2009.

「Feet・foot(フィート・フート)」とはヤード・ポンド法における長さの単位で、1フィートは304.79mm、12インチが1フィート、3フィートが1ヤード、となります。

大雑把な記憶の仕方としてはLP盤レコードやレーザーディスクの直径が約1フィート、6フィートが普通の寸法の畳の長辺の長さ、夜行高速バスに使うような車輛の長さが約40フィート、18m級の電車の長さが約60フィート、新幹線の電車の長さが約85フィートです。文章に書く時は1フィートを「1 foot」「2 feet」と書けば正解ですが、「1 ft」「2'」と書いても正しいです。フートが単数形、フィートが複数形です。

音の響きでなんとなく判るかと思いますが、「フート」とは脚の事で、それも踝(くるぶし)よりも下の部分の事です。「レッグ」との違いはと言うと、「レッグ」は普通は「ももから踝(くるぶし)まで」を差す言葉なので、「レッグ」とは明確な相違があります。



表紙米国型史料用語集> フィート(Feet)