Bi level/バイレベル

Sept 1, 2017.

「2段重ね」と言う意味です。鉄道模型の場合はレイアウトを作る際に上下2段重ねにして、上下の風景を作り分けたり、狭いスペースでも楽しめるようにする工夫です。

下層階は普通のレイアウトですが、上層階はクッキーカッター構造にしたものを重層構造にして」バイレベルとするのが普通です。従って、上層階も下層階も単純な平面になっているのでレイアウトの作り方自体は簡単ですし、上層階で隠れる下層階の線路は隠しヤード的に使うことが出来ます。

理屈としては3段重ね、4段重ねも可能ですが、各階層間の連絡線路が必要以上に急勾配にせざるを得ないので実用性に欠けます。この事は2段重ねでも同様ですから、それなりの工夫は必要です。いっその事、各階層の線路を全く独立させて別個のレイアウトを合体させたものとして扱った方が気楽であるとも言えます。

上下層間はループ線などで連絡させることが多いです。実物用語として2階建て車を示す場合、「バイレベル」と言うと概ね総2階建て車の事を指すようです。一部2階建てになっている車輛は、概ねバイレベル車ではなくドーム・オブザベーションのような車輛と言うことです。