Yard/ヤード

Oct 1, 2015.

元来は「置き場」「集積場」と言った意味を有する言葉です。車輛の入換や留置するため、柳の枝のような形状に敷設され、複数の線路が並んだ状態になっている線路のことです。綴り方も発音も同じですが、度量衡の単位としての「ヤード」とは全く別のモノです。

「操車場」もヤードと同様の概念ですが、ヤードよりももっと大規模な印象を受けますし、入換や、車輛の繋ぎ変えなどの方に力点が置かれている印象があります。ヤードは単に列車を並べて眺めて楽しむと言ったような意味合いの濃い言葉です。車庫的要素が強い、と言い換えてもよろしいでしょう。

列車を走らせて遊ぶ際に、充分な収容力を持つヤードがあれば、車輛を交換する都度化粧箱の中にしまったり片付けたりすると言った手間が省けます。それだけではなく、走らせない車輛であっても一緒に並べておくだけでも楽しいものです。そう言った点からもヤードの規模は大きい程楽しいですが、線路の本数ばかり増やそうとするとポイントの部分にスペースを食われるてしまい、各線路辺りの有功長が短くなりますので、その辺りの兼ね合いは考える必要があります。



小規模なヤードの例、この写真は神奈川臨海鉄道千鳥町駅にて撮影したものです。
小規模なヤードの例。神奈川臨海鉄道千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。この写真は線路上に立って撮影していますが、不法侵入して強行撮影なんてしてませんので念のため。単に、ヤードの横に在る公道の踏切上に立って撮影したものです。