Baggage/バゲージ

Oct 17, 2015.

荷物専用客車のことで、日本のコニ、ホニ、ナニ、オニ、スニ、マニ、カニなどに相当します。全室荷物車のことを「フルバゲージ(full baggage)」と表現することもあるようですが、これはスハニ、オハニ、などに相当するコンバイン(=合造車)と対比するために使われる言葉です。単純に荷物車の話だけをしているのであれば、殊更に全室云々と注釈しなくても充分に意味が通じるのは洋の東西を問わず同じです。

米国の荷物車は通常片側2扉で扉以外には窓が無いか、あってもかなり少なく、ベスティビュールも通常は有りません。RPO(郵便車)は比較的短い目の車輛も多く見受けられるのに対して、バゲージの方が全体の比率としては長い目(と言うか、普通のコーチ並み)の車輛が多いように見受けられます。また、RPOと同様に、列車全体として見た場合には比較的前の方の、機関車寄りの位置に連結されます。

RPOとの合造車の場合は「Baggage RPO」と呼ばれ、コンバインとは呼ばれません。ます。いわゆるマユニ、スユニ、オユニなどに相当する車輛です。スハニ、オハニなどの車輛はコンバインになりますが、この場合の荷物室部分は「バゲージ」と省略せずに、「バゲージ・コンパートメント」と表現します。オハユニ、スハユニなどのバゲージとRPOとコーチの合造車であれば「Baggage RPO Combine」と言うような呼ばれ方をします。



バゲージ(荷物専用客車)、リヴァロッシ製HOゲージの客車(手前)。
バゲージ(荷物専用客車)、リヴァロッシ製HOゲージの客車(手前)。



バゲージ(荷物専用客車)、1871年版カー・ビルダーズ・ディクショナリーより。
バゲージ(荷物専用客車)、1871年版カー・ビルダーズ・ディクショナリーより。