American Flyer/アメリカン・フライヤー

Oct 6, 2007.

アメリカン・フライヤー(American Flyer)とは、鉄道模型の用語としてはA.C.ギルバート社が発売していた鉄道模型のブランド名です。この会社は戦前の創業でOゲージ製品を販売していましたが、終戦後に発売したSゲージ製品が特に印象的です。現在ではアメリカン・フライヤー製品はライバルであったライオネル(Lionel)から発売されており、ライオネル自体が商標権?所有しています。

A.C.ギルバートと言う社名はオーナーであるアルフレッド・カールトン・ギルバート(Alfred Carlton Gilbert)氏の名前に由来するものですが、アメリカン・フライヤーをこの方が創業した訳ではありません。途中で買い取って全国的な規模のブランドにしていったのですから中興の祖とでも呼ぶべきでしょうか?。A.C.ギルバート社自体はHOゲージの製品も販売していましたが、こちらはアメリカン・フライヤーと言うブランド名ではなくて「ギルバートHO」と言う名前で売っていたようです。

検索エンジンなどで「American Flyer」を検索すると「www.americanflyer.com」と言う、そのものズバリの会社の名前がヒットしますが、この会社は単なる旅行用品屋さんであって、A,C,ギルバートのアメリカン・フライヤーとは無関係なようです。我等の興味の対象であるSゲージの、A.C.ギルバート由来のアメリカン・フライヤーに拘わるサイトはwww.americanflyertrains.com/と言う名前で別途存在しますが、アメリカン・フライヤー製品を中心に取り扱っている模型屋さんのやっているサイトであって、企業としての継続性?は無いようです。

一方、実物としては1934年(昭和9年)から1938(昭和13年)年に掛けてプルマン・スタンダード社がニュー・ヘヴン鉄道向けに205輛納入した軽量客車に「アメリカン・フライヤー」と言うニックネームが付けられています。この他にボストン&メイン、カンザス・シティー・サザン、シーボード・エア・ライン、なども所有しています。ナハ10系の側窓が2個連続窓になったような外観をしています。