WHISKER Coupler/ウィスカー・カプラー

Nov 1, 2015.

ケーディー社製の連結器のうち、連結器の腕(シャンク)の根元部分の左右にヒゲ上の復元バネが生えている構造になっていて、シャンク自体と復元バネが一体化している品物のことです。品番としては140番代の品物などが該当します。バックマンの連結器も同様の構造になっていますし、これ以外にも同様の外観をした製品は多く見受けられます。

従来の製品は連結器のシャンクと復元バネは別部品でしたから、それなりに組み立ては面倒でしたが、ウィスカー・カプラーは復元バネの部分まで一体化されていますので当然乍ら組み立て的な作業をしないで済む分だけ取り付けが簡単です。それ以上に、他社製の車輛に取り付ける際にも従来以上に交換作業が簡単で済むと言ったメリットがあります。なによりも、連結器本体の他に別の金型を用意して復元バネだけを作らないで済むと言う事が製造元としては最大の利点でしょう。

「ウィスカー(Whisker)」と言うのは「髭(ヒゲ)」を意味する普通名詞ですが、ケーディーはこれを「WHISKER Coupler」として商標登録してしまいましたので他社が「髭(ヒゲ)」と言う言葉を使うことはかなり厄介なんじゃないかと思います。この辺りはケーディーの要領が良い処と言うか、ずるい処と言いますか。

単語自体の語感としては「ウィスキー」と似ていますが、「ウィスキー」と言う単語と「ウィスカー」と言う単語の関連性は定かではありません。ニッカウィスキーが髭を生やしたキャラクターを使っていますが、これは単に語感が似ていることを利用したと言うだけであってケーディー社の連結器とは全く無関係でしょう。



バックマン製ヒゲ付き連結器
バックマン製ヒゲ付き連結器