Water Tender/ウォーターテンダー

May 8, 2010.

蒸気機関車等で、燃料となる石炭等と水をするため連結される燃料運搬用の車輛がテンダーですが、ウォーターテンダーとは水だけを積んだ給水専用車輛です。特急列車などで途中給水の機会が少ない列車の場合は水を補給するだけのために停車させたのでは停車回数の増加=運転速度の低下に繋がり業腹なので、このような車輛を連結します。日本でも、「燕」を牽引するC51に水槽車のミキ10だったかを連結して走らせたような経緯がありますが、やっていることは全く同じです。機関車の直後に、妙な格好の背の低い車輛が連結されていれば、大抵の場合はウォーターテンダーだと考えて間違いないようです。

要するにタンに水を載せて機関車にぶら下がって行けばよいだけの車輛ですから、しばしば古くなったタンク車が転用されます。また、増結することが前提のテンダーであると言う点ではディーゼル機関車に増結するフューエルテンダーに似ていますが、意味合いは少々異なります。ウォーターテンダーはあくまでも燃料の一部??とも言うべき「水」の方だけを積んでいるのに対して、フューエルテンダーが積んでいる燃料は機関車自体に積んでいる燃料と全く同じ内容のモノであるからです。