Trolly pole/トロリーポール

Oct 1, 2015.

電車や電気機関車などで、架線からの集電のために屋根上に取り付けられた棹状の部品です。動作の仕方は大幅に異なりますが、パンタグラフの遠い親戚のような存在です。

パンタグラフやビューゲルなどのように架線に接触しているだけではなくて「トロリーホイールの溝の間に架線を挟む」状態を維持しなければなりませんから結構厄介です。簡単に言ってしまえば「外れちゃったらどうしよう」と言うことです。架線から外れたままで無理して走行すると、架線を切ったりするような事故を起こしますから結構厄介です。

棹の先端には「トロリーホイール」と言う名前の滑車が付いており、トロリーホイールの溝の間に架線を挟むようにして走行します。トロリーホイールはクルクル周り乍ら集電しますが、この部分で概ね5%程度の電圧降下が発生します。

車種によって、トロリーポールが車輛の片側だけに装備されている場合と両側に装備されている場合がありますが、片側だけに装備されている場合は進行方向を変えるたびにトロリーポールの向きを変えてやる必要があります。トロリーポールの向きを変えるには先端に付いているトロリーコードを引っ張って架線から外し、バネ仕掛けで跳ね上がろうとするトロリーポールが跳ね上がらないようにし乍らグルっと向きを変えてやる必要があります。

とまぁ、色々と不都合な点を書き並べましたが、トロリーポール付きの車輛が走る風景と言うのはパンタグラフ付きの車輛では得られない、何処となく長閑な言い様の無い良い雰囲気があります。トロリーポール付きの田舎臭い電車をノロノロと走らせるのも、トロリーポール付きのインターアーバンをビュンビュン走らせるのも、どちらも得も言われざる風情が感じさせられます。



トロリーポール
トロリーポール