Mixed train/ミクスド・トレイン(混合列車)

Oct 1, 2015.

日本語では「ミキスト=混合列車」と表現します。客車と貨車を1本の編成にして運行する列車で、客車列車・貨車列車を単独で運行する程の需要の見込めないローカル線で運行されます。キハニ、デハニなどのコンバイン(合造車)と呼ばれる車輛は旅客と荷物を同時に輸送するからミクスドトレインと性格は似ていますが、キハニ、デハニが単行で(1輛だけで)運転されている列車はミクスドトレインの範疇には入りません。キハユ、デハユなどの車輛でも同様です。

その一方で、キハ、デハなどの旅客車が貨車を牽引して走る場合はミクスドトレインの範疇に入ります。キハニ、キハユ、デハニ、デハユなどの車輛が貨車を牽引して走る場合も同様にミクスドトレインの範疇に入ります。当然ですが、本来のあり方?としては機関車が牽引することになるのは当然です。

ミクスドトレイン(混合列車)の編成を組む場合は、客車は客車だけでまとめ、貨車は貨車だけでまとめて連結します。客車と貨車の構造上の決定的な相違点は、暖房用の蒸気配管を持っているかいないかと言う点にあります。従って客車同士の間に貨車が挟まっていたりすると、暖房用蒸気の配管が出来なくなってしまうと言った不都合を避けるためです。

また、客車と機関車の間に貨車が連結されていると、客車には暖房用の蒸気が供給できなくなりますから、その場合には適宜蒸気発生車(スチーム・ジェネレーターカー/暖房車)を連結します。但し、蒸気発生車自体はミクスドトレイン専用と言う訳では無くて、暖房用の蒸気発生装置を持たない電気機関車やディーゼル機関車に旅客列車を牽引させる際にも使用します。