Gorre & Daphetid/G&D鉄道

Sept 1, 2015.

カリフォルニア在住の商業写真家であるジョン・アレン氏が制作したレイアウトで、恐らく世界で最も有名なレイアウトだと思われます。着工は1946年(昭和21年)で、この時点ではテーラー湖を周回する単線エンドレスを持つ4ft × 8ft(約1363mm × 2726mm)の小さなレイアウトでしたが、後に大発展を遂げ、このレイアウトだけの単行本が出版されたほどです。残念ながら、ジョン・アレン氏の死後10日程経った1973年(昭和48年)1月、ガス暖房機からの発火と思われる火災により焼失し現存しません。

「Gorre & Daphetid」とは「ゴリー・アンド・デフィーティッド」と発音するようで、、それぞれの単語は「血まみれ」「打ち負かされる、敗残する」と言うシニカルな意味を持ちます。