Dynamic brake/ダイナミック・ブレーキ

Oct 1, 2015.

電気式の内燃機関車に特有の制動方法で、一種の発電制動です。制動する際に主電動機の結線を換えて発電機として使用し、その際に発電した電力を抵抗器を通して熱として大気中に放出します。ガソリンエンジンの機関車でもこの制動方法は使えますが、普通にはディーゼル機関車でしか実用化されていません。ガソリンエンジンの電気式機関車は製造時期が古いこともあって比較的小型・小出力の車輛が中心なので、ダイナミック・ブレーキを装備するほどのこともないからではないかと思います。

電力回生ブレーキとやる事は似たようなものですが、ディーゼル機関車では架線を通して回生電力を消費させたりできないため単純に大気中に放熱してしまいます。現在の技術水準であれば制動の際に発生した電力はリチウムイオン電池などに蓄えて動力源として再利用するのでしょうが、ダイナミックブレーキが発明?された時点ではそれ程の大容量の蓄電池が実用化していませんので、勿体ないとは思いつつも熱として大気中に放出してしまう方法が選ばれているようです。

ダイナミック・ブレーキを装着した機関車を所有している鉄道は概ね山岳路線を有する鉄道です。ダイナミック・ブレーキのメカニズム自体は「電力を消費してしまう放熱用の抵抗器+抵抗器を冷やすためのファン」と言うことですから、大抵は機関車のロングフード上に被さるように設置されます。また、当然ながらそこそこの車輛単価の上昇に繋がります。