Dwarf signal/ドワーフ信号機

Jan 3, 2009.

「ドワーフ(dwarf)」とは本来の語源は小柄な人のことです。ディズニーの白雪姫の話に出てくる7人組の、あの人々がドワーフです。普通の信号機は支柱に取り付けられているので機関士さんはそれを見上げるように運転しますが、ドワーフ信号機はポイントマシンの周辺に併設されているので、機関士さんは信号機を見降ろすように運転します。入換の際など、ポイント通過時は当然線路に注意しながら走行するわけですし、デッキに添乗している掛員氏からも信号が見易いし、この方が合理的と言えます。



ドワーフ信号機。2009年(平成21年)1月、いすみ鉄道大多喜(おおたき:千葉県夷隅郡大多喜町)にて撮影。
ドワーフ信号機。2009年(平成21年)1月、いすみ鉄道大多喜(おおたき:千葉県夷隅郡大多喜町)駅にて撮影。