Ductile cast iron/ダクタイル鋳鉄

June 22, 2008.

「球状黒煙鋳鉄」と言う日本語名がありますが、ネズミ鋳鉄などと比べると粘り気が強く、折れにくく、鋼材のような性格を持つ金属です。5インチゲージを筆頭とするライヴ・スチームなどの乗用鉄道模型の車輪にはかなり多用されています。スポーク車輪などは単なる旋盤加工・フライス加工だけでは製造困難なので、ダクタイル鋳鉄の鋳物で大雑把な形を作ってから精度が必要な部分を加工してやる、と言う使い方が主流です。鉄鋼記号はFCD(Ferrum Casting Ductile)です。

普通のアマチュアがダクタイル鋳鉄の鋳造を自分で行って車輪を自作する、と言う作業は困難なので、普通は鋳造しただけのモノが販売されています。購入してきたモノを旋盤加工して完成状態の車輪に仕立てると言うことであれば、旋盤と、旋盤を使いこなすだけのスキルがあれば普通の家庭でも可能ですからハードルはかなり低くなります。