Diamond Stack/ダイアモンド・スタック

May 11, 2003.

蒸気機関車の煙突(=スタック)に被せられた火の粉止めです。火の粉止め、と言うよりは煙室に火の粉を落として、煙突経由で車外に火の粉を撒き散らさないための仕掛けです。「ダイアモンド云々」と言うのは横から見ると菱形をしているからです。この他にもネギ坊主のような格好をしたものやらなにやら色々な形状のものがありますが、いずれも火の粉を通過させない網のような蓋を煙突上に取り付けるので、先端が膨らんだような形状になります。



ポーター製機関車のダイアモンドスタックと、ボールドウィン製機関車のダイアモンドスタック
ポーター製機関車のダイアモンドスタック(左)と、ボールドウィン製機関車のダイアモンドスタック(右)