Camel back/キャメルバック

Jan 2, 2001.

「駱駝の背中」と言う意味です。ウーテン式の火室を装備した蒸気機関車で通常の位置にキャブ(運転台)が有ると前方視界は著しく悪くなりますので、キャブをボイラーの中央部に、駱駝の背中に鞍を跨がせるように設置した蒸気機関車のことです。

当然これではキャブがテンダーから離れてしまって石炭をボイラーにくべるのに困るので、炊き口専用のキャブ?はちゃんと普通の位置に残してあります。単純に見るとキャブが2つあるように見えますが、本来のキャブはボイラーの中央付近に跨がっている方のみで、この場所で操縦します。この、ボイラーに跨がっているキャブが駱駝のコブのように見えるのでこの名が付いたのでしょう。

キャメルバックの機関車。
キャメルバックの機関車。これはブルックスがロング・アイランド鉄道向けに、1899年(明治32年)に製造した車輛です。