Baldwin/ボールドウィン

Sept 1, 2017.

ボールドウィン(Baldwin Locomotive Works)は日本でも有名な機関車メーカーで、創業は1831年(文政13年・天保元年)にまで遡ることが出来ます。日本国内にも多数の機関車が輸入されていますが、多くは蒸気機関車と電気機関車で、ディーゼル機関車はほぼ皆無では無かったかと思います。

ボールドウィンは機械メーカーとも言えますので蒸気機関車は自社のみで製造していますが、電気機関車は通常はウェスチングハウスとの協業で、電装品はほぼウェスチングハウス製品を使用しています。そのせいもあって、蒸気機関車の製造銘板にはボールドウィンの社名しか記載されていませんが、電気機関車の製造銘板にはウェスチングハウスの社名も記載されています。但し、製造銘板自体はボールドウィンの意匠そのものなので、ボールドウィンが主導的な立場であった事が判ります。詳細はこちらをご覧ください。



ボールドウィン製蒸気機関車(木曽森林鉄道のリアタンク機)。
ボールドウィン製蒸気機関車(木曽森林鉄道のリアタンク機)。この機関車は日本で一番有名なボールドウィン機と言いますか、かつて「つぼみ堂」が16.5mmゲージと10.5mmゲージで模型化して販売していた車輛です。



ボールドウィン製電気機関車の製造銘板(三岐鉄道ED222)。
ボールドウィン製電気機関車の製造銘板(三岐鉄道ED222)。