Baker coupler/ベーカー型連結器

Dec 1, 2015.

ベーカー・マニュファクチュアリング社が開発した模型用の連結器です。日本では以前に16番ゲージ製品に各社が使用していましたから、かなり普及していた連結器です。日本で初めて紹介されたのは「科学と模型」誌の1941年(昭和16年)10月号の記事で、この記事の著者はTMS誌(鉄道模型趣味誌)オーナーであった山崎喜陽氏です。

金属製の枠にフックを取り付けた構造で、この枠は実物のナックル可動型自動連結器を抽象化したものであるようです。フックの方は恐らくはジャンパホースをこれまた抽象化したものでしょう。ちょっと見ると実物には似ても似つかないチャチな連結器に思えますが、この辺りの事情が判ってきて横から見ると間違いなく実物そっくりに見えてくるから不思議なものです。抽象絵画の精神性?が理解出来ていないと、ピカソの絵画の神髄が見えて来ないのと似たようなモノでしょうか。



ベーカー型連結器(カツミ・エンドウ製)
ベーカー型連結器(カツミ・エンドウ製)
Baker type coupler, made by KTM/TER



上の写真のベーカー型連結器は車体側から見て右側に枠が膨らんでいますが、本来のベーカー・マニュファクチュアリングが製造していた製品はこれとは逆で左側に枠が膨らんでおり、右手で握手するような形状になっています。



ベーカー型連結器同士での連結状況
ベーカー型連結器同士での連結状況)。右側はフライシュマン製機関車、左側はカツミ製中型客車。フライシュマンはごく最近まで、HOゲージ製品にループ・フック型カプラーではなく、ベーカー型連結器を使い続けていたことで有名なメーカーです。恐らくは、日本のメーカーが作る16番ゲージの製品よりも遅くまでベーカー型を使い続けていたんじゃないかと思います。

上述の膨らみ方が逆になっているこの種の連結器を「ベーカー型」ならぬ「カーベー型」と読んだ大馬鹿野郎がかつて生きていたそうですが、この種の美的感覚が壊滅的に麻痺しているような馬鹿者は即決裁判で本人だけを銃殺にするのではなく一族郎党諸共火炙りでも生きたままミンチ肉にする死刑とか、極刑に処すべきです。