Bakelite/ベークライト

Oct 1, 2015.

「フェノール・フォルムアルデヒド樹脂」と言うのが正式な名前で、ベークライトと言うのは商品名だそうです。この名前は発明者(レオ・ヘンドリック・ベークランド:Leo Hendrik Baekeland)に由来します。熱硬化性の樹脂で耐熱性、耐薬品性は共に高いので絶縁材として多用されています。

有名な処では天賞堂が以前に販売していた16番ゲージ(≒HOゲージ)の貨車の車体に使っていますが、これは未だ優れたプラスチックの素材の入手に難があった時期の選択であって、余りベークライトの素材としての本来の利点を生かしての選択とは言えません。カワイモデルは一貫してウォームホイール自体の素材として用いる、なんて使い方をしています。電気的には電線の中継などにターミナル状のブロックにして端子台として使用したり、ナイフスイッチの土台にするなどの使い方をします。

ベークライトは機械的な強度はそれ程高いほうではなくて、どちらかと言えば欠け易く脆い印象があります。余り力が掛かる場所には使わない方が良いと思います。ギヤに使う場合は補強芯入りの、所謂「布入りベーク」が以前は使われていたように記憶しています。ベークライトにタップを立てて使っていると、あっさりネジ山が崩れてしまいバカになります。取り外し/取り付けを繰り返す箇所には使わない方が良いでしょう。普通のベークライトは飴色と言うかオレンジ掛かった色をしていますが、黒い物もあります。もっとも、最近のプラスチック製品とは事情が違いますから色とりどりと言うわけには行きません。