UL(Underwriters Laboratories Inc)/UL(UL規格)

Dec 8, 2001.

日本語として一般化した訳語は見当たらないようですが、敢えて和訳すれば「保険引受業者研究所」となります。1893年のコロムビア博覧会の際に電気火災が多発したことを契機に、損害保険業界が共同出資して安全性のための規格制定機関を作り、後に検査料・認定料収入だけでも独自に採算を賄うことができるようになって現在に至ります。

日本の場合は電気用品保安法(=電安法:旧・電取法に相当)がありますが、アメリカでは連邦政府レベルでのこの種の法律はありません。その代わりに各州政府が電気製品などにUL認定の取得を義務付けている場合があります。また、大手の家電量販店やデパートなどでは納入業者に対してUL認定の取得を必須としている場合があったりします。