Timber trestle/ティンバー・トレッスル

July 15, 2001.

木造橋の中でも、橋脚部分まで材木で組み上げた橋のことです。一番下の土台の部分は兎も角も、橋脚部分が石積みなどであれば「wooden bridge(ウドゥン・ブリジ)」と表現します。主に森林鉄道などで使用されます。理由はなんと言っても材料が現地で調達できるし、森林自体の経営母体が森林鉄道の経営に大きく拘わっていたり、或いは山林会社=森林鉄道会社だったりするので材料の材木を入手するための費用が低廉で済むと言うことなんでしょう。

さすがに85ft級の客車が常時走り回るような幹線級路線ではお目に掛かる機会は少ないですが、ちょっとしたパシフィックやミカド位まででしたらティンバー・トレッスルを走らせても決して可笑しくはありません。言葉を換えれば、亜幹線程度までだったらそれ程の不自然さは無いと言えます。