Steeple cab/スティープル・キャブ

May 10, 2008.

語義の点では「尖塔」と言う意味です。中世に建てられた教会の尖塔とか、あの種のモノのことです。変じて鐵道の世界では、ヒョロっとした細長い形状のキャブ(=運転台)のことで、要するに凸型車体の車輛を意味します。小田急電鉄のデト1や、高松琴平電鉄のデカ1、伊予鉄道のモニ30などが、日本的な「スティープル・キャブ」の車輛の代表例です。