SSAE/エス・エス・エー・イー

Oct 1, 2015.

「Self Stamped Adressed Envelope」の略で、「切手を貼って住所を記載した返信用の封筒」と言う意味です。カタログなどの配付条件としてこのように記載してあれば郵送に必要な送料と封筒代は請求した人が負担する、と言うことです。「エスエーエスイー(Self Adressed Stamped Envelope)」と言う表現も有ります。「大きめの封筒で」と言うことであればLSSAEとなりますが「L」はLサイズの「L」です。

但し、外国発の郵便に日本の切手を貼った封筒は使えませんしその逆も不可ですから、このような場合には郵便局で「国際返信切手券(IRC=International Response Coupon)」を買い求めて、これをSSAEの代用として同封すれば良いです。これは、国際返信切手券1枚を郵便局に持参すれば、外国向けの航空郵便1通分と交換できる、と言うモノです。

送ってもらうカタログなどが大きかったり重かったりしそうな場合は複数枚の国際返信切手券を送れば宜しいでしょう。例えば5枚なり、10枚なりの国際返信切手券を同封して発送依頼の手紙を送れば、先方から送られてくる品物の中にお釣りに相当する分の差額分が同封されてくる(=返送されてくる)と言うことになりますが、相手がセコい性格だと差額分は一切返して寄越さない、と言うことです。国際返信切手券をどの程度返してくるかによって、相手の性格を見抜くことが出来ます。