Signal/シグナル

Nov 10, 1999.

列車に進行/停止の指示をするための装置です。一般的なのは色灯式信号機(Color light signal)で、基本的には青/黄/赤の3色の表示だけで進行/注意/停止を指示するものです。少し時代が遡ると腕木信号機(Semaphore signal)が主流で、信号機に向かって右側に飛出した腕木が上向きで進行/斜め上向きで注意/真横で停止、となります。但し夜間に腕木の表示だけでは見にくいので補助的にランプも付きます。

最も原始的?なのはハイボール信号機(Highball signal)と呼ばれる機種で、ロープの先端にボールを取り付けこれを必要に応じて引き上げて信号を表示すると言うものです。つまり、信号用のボールを高く上げて「ハイボール」状態になれば「出発進行」と言うことでもあり、保存鉄道などで車掌さんが「ハイボール!!」と声を掛ければ「出発進行!!」と言う意味でもあります。保存目的ではない普通の一般的な鉄道では、発車合図に「ハイボール!!」と言う表現は、恐らく使わないでしょう。

モデル・レールローダー誌の創刊号にアル・カームバック氏が書いた巻頭言の題名が「High ball!」です。ウイスキーベースのカクテルと言うか、簡単に言ってしまえば「ウイスキーのソーダ水割り」であることはご存知のことと思います。ハイボール信号機が使用されるようになったのは概ね1830年代のことです。