Point Machine/ポイントマシン

July 1, 2016.

線路中に敷設されているポイント類の先端軌条の向きを切り替えるための動力装置で、多くの場合は電磁石が使用されます。

先端軌条の開通方向を切り替えて列車の進行方向を変えるためには、先端軌条をホンの数mm移動させるだけで良いので以前から電磁石が多用されています。動作そのものはリニアモーターのように水平移動をするだけなのでポイントマシン自体をリニアモーターで代用することが出来ないわけではありませんが、普通はポイントマシンを「先端軌条切り替え用のリニアモーター」と呼ぶような事はありません。あくまでもポイントマシンは電磁石の一種に過ぎません。

同じように電磁石を使って機械的、物理的な動作をする品物としては電気回路に使用される「リレー(継電器)」を挙げることが出来ますが、リレーはあくまでも電気回路、電子回路の切り替えが目的であって機械的な部材の移動を目的としている訳ではありません。反面、ポイントマシンの方は電気接点を持たせておいてリレー的な使い方も出来るようになっている品物もあります。

多くの場合、ポイントマシンには先端軌条を切り替えたら、切りかえたままの状態に保持するための何らかのロック機構のようなものを持っています。反面、PECO製のポイントのように先端軌条にロック機構を仕込んである場合はポイントマシンに何らかのロック機構のようなものを持たせていると却って取り扱いが面倒になる場合が殆どです。基本的には、PECO用のポイントマシンと、PECO以外用のポイントマシンを混用することはできません。