Invoice/インボイス

Oct 17, 2015.

インボイスとは販売明細、売り上げ明細のことです。スーパーマーケットやコンビニで買い物をした際に渡されるレシートもインボイスの一種です。商品名、商品明細、商品番号、数量、金額、税額などが商品一種類ごとに記載されます。

外国の模型店から通信販売で、いわゆる個人輸入で買い物をすればほぼ間違いなくインボイスが品物に同封されてきます。気の利いた店であれば、事前にインボイスのみを商品の発送と同時か、商品の発送以前に郵送してくれます。どう言う形であってもインボイスを寄越さない店と言うのは、(1)余程粗相っかしくてインボイスを寄越すことを忘れているか、(2)余程無神経か、(3)御禁制品なのでインボイスが発行できないか、このいずれかです。

インボイスが商品より先に郵送されて来る事があるのは、品物が届いて税関を通る際にインボイスの提示を求められる場合があるからです。税関から通知が届いた時点で手元にインボイスが来ていなければ販売店からファックスで早急に送って貰うとかしなければなりません。品物にインボイスが同梱されていなくても違法とはならない筈ですが、インボイスが無いと言うことは商品の詳細が説明できないことに他ならず、インボイスが届くまでの間は通関できませんから品物の到着が遅れることになります。

なお、品物の種類によって消費税の課税率が異なる場合がありますのでこれとの拘わりでインボイスのことを「税額表」と表現する場合がありますが、このような表現は余り正しくありません。インボイスには間違いなく税額・税率は記載されますが、税額・税率だけが記載されている訳でも無いし、非課税の場合でもインボイスは発行されるからです(国外・県外・州外の顧客に販売した場合などは通常VATや消費税の課税対象外です)。