Drill lathe/ドリルレース

June 18, 2005.

和製英語だと思いますが、ドリルを使って旋盤(=レース)作業の代用をすることを指します。「ドリルレース」と言う名前の機械が存在する、と言うことではありません。元来は手回し式のハンドドリルのチャックに金属材料を咥て回転させ、ヤスリを当てて任意の形状に整形して行こうと言うことですから原理自体は旋盤そのものと何等変わる処はありません。

但し、何分にもグルグル材料を廻しながら材料を切削・整形して行こうと言うのですから、非能率的だし、疲労感も甚だしく、量産するなどとは夢のまた夢、の工作技法です。そうは言っても蒸気機関車の煙突やドームをほんの1個か2個だけ削ろうと言うのでしたら、決して馬鹿にしたものではありません。あくまでも手工業的な技法として割り切れるかどうかに掛かってくるでしょう。電動ドリルが使えるのであれば、決して捨てたものではありませんし、僅かな数の部品を加工するだけならば安い電動ボール盤を使ってドリルレースをやるのも悪くはないでしょう。