Casey Jones/ケーシー・ジョーンズ

Aug 4, 2002.

本名はジョン・ルーサー・ジョーンズ(John Luther Jones)、殉職したイリノイ・セントラル鉄道の機関士で、「飛ばし屋」として有名(勇名?)だったようです。

1900年(明治33年)4月29日の夜に、ケーシー・ジョーンズの愛機382号機が牽引する旅客列車もかなり遅れていたようです。回復運転をしていたのでしょうか、ミシシッピ州の山岳地帯にある某駅に差し掛かろうとした時、先行している貨物列車が遅延し、入換に手間取り列車の一部が本線に未だ残っているのを発見します。止まり切れないと判断したケーシー・ジョーンズは「俺は残るからお前は飛び降りろ(You jump!, I'll stay!)」と叫んで機関助手を突き落としたために助手は助かったものの、自分自身はブレーキレバーを引き続けたまま愛機諸共貨物列車に突入したと言う話で「美談」と言うことになっています。

建前としては「美談」には違いないのでしょうが、先行する貨物列車が入れ換えで本線上に一部であっても車輛が残っているならば本線は赤信号状態だった筈で、それにも拘わらずケーシー・ジョーンズの運転する列車が駅構内に突入してしまったと言うことは、本人の不注意で信号を見落としたか、見落としてしまう程度の視認性の低い信号系しか用意されていないイリノイ・セントラル鉄道の運行が杜撰だったか、と言うことです。

模型の世界では有名な機関車だけに数多く製品化されています。その当時の客車に倣ったのか、キャブの屋根が2重屋根風になっていて外観的にも興味があります。