鉄道模型用の工具の他DIY用の結構大型のものもあります。どちらかと言うと鉄工所兼工務店の工具倉庫みたい、、、と言うか鉄工所化しつつあります。「Gゲージは車体が大きいから工具も大きいんだ」と言うのは見え透いた言い訳(笑)でして、何事に寄らず工作的なことは好きなので、結果としてこうなったような次第です。強いて言えば、ドレメルの電動工具くらいはGゲージ向き、と言えなくもないですが、、、。

まぁ、「ナンとかと工具は使い方次第」と言うことです。



XURON/ジューロンのレールカッター

Dec 18, 1999.

この品物は$10.00位で購入しています。

ジューロン製レールカッター。
XURON(ジューロン)製のレールカッターで、見た目は単なるニッパーに過ぎませんが、見ると使うとでは大違いです。大変切れ味が良く、これでレールを切断するとヤスリで仕上げる必要性は殆ど感じません。但し、指向性が強いと言うのか、切断する向きを間違えると普通のニッパーで切断した以上に切断面が汚らしくなります。刃先の外側を切り残す方に向けるのが正解です。切断する方向は指定されていなかったように思いますが、レールを上下に挟んで切断すると、左右方向に挟んで切断するよりも、切断面が綺麗だった記憶が有ります。

切断するとレール底部に若干バリのようなものが残るのですが、これは設計上?の問題らしく、数丁使ってみたのですがどれも同じようにバリが出ます。気になるのであればこれだけはヤスっておいた方が良いかも知れません。アメリカのディスカウントする店で購入すると$11位、日本の模型店でも¥2500程度ですから大した金額では無いのですが、一度使うと手放せなくなります。

公称は「#100のレールまで切断できる」と言う事ですが、私が試した限りではPECOの#124のレール程度でもかなり力を掛ける必要はあるものの、支障無く切断できました。但し、相当無理している印象がありますから、余り勧められません。#143以上のレールだと止めた方が良いと思います。焼き入れの関係だと思いますが刃先は結構脆いです。#100のレールであってもこじるような使い方をすると結構簡単に折れてしまいます。スペアは常備しておきたいような気はします。実は或る人が、これを使っていて#100のレールを切断しようとして工具を折っちゃった現場を目撃しております。硬いものが脆いことは判りきった話ですが、それでもつい、やってしまうものです。



ラチェットスパナ:生憎メーカー不明

March 11, 2000.

ラチェットスパナ。
メーカー不明とは言ってもノーブランド品では無く、本体にメーカー名の刻印が無いから判らなくなってしまっただけで、購入した時点ではちゃんとラベルにメーカー名やらは明記されていました。外観形状から判断すると、多分“Top”ブランドのものだと思います。でもって、ラチェットレンチではなくてラチェット「スパナ」です。見掛けはただのメガネスパナに過ぎませんが、メガネの部分にラチェット機構が仕込んであります。平型の製品を出しているメーカーもありますが、私自身としては指が太いせいもあって、スパナはどうしてもオフセットしていないと使い辛いので、結構探し回った末にこの製品を探し出してきました。

普通のラチェットレンチとソケットの組み合わせも勿論持っていますから2重投資ですが、ラチェットスパナは厚みが各段に少ない(=薄い)ので、狭い場所に突っ込んで作業ができる利点があります。逆に言えばラチェットスパナは延長バーのようなものを取り付けて奥まった箇所にあるボルトに対して作業するようなことは原則としてできませんからこの辺りは一長一短、やはり両方持っていないと不便です。

サイズは写真に写っている大きい方から12-14、11-13、8-10です。組み合わせの種類はもっと複雑で、一般的な番号の組み合わせは一通り有って、更にその他に11番辺りみたいな私としては比較的使いそうも無い組み合わせもあります。自分自身としての便利さを基準にして取り敢えず一通り揃えようとした結果が上述の組み合わせと言う事です。当たり前ですが「組み合わせが複雑」とは言っても7-17なんて言う突拍子も無い組み合わせは存在しません。



リライフ/自在カニ目レンチ

June 11, 2005.

リライフの自在カニ目レンチ。
余り上等な工具ではなく、鉄板をプレス加工しただけの比較的簡単な工具です。兵庫県三木市のフレンドリミテッドと言う名前の会社から、「リライフ(=RELIFE)」と言うブランド名で発売されている自在カニ目レンチです。リライフとは「生活を改善する、改める」とでも言う意味なんでしょうか。製品コードは30026となっており、序にJANコードも書いておくと49-48953-30026-5となっています。



リライフの自在カニ目レンチ。
製品自体は「アジャストピンレンチ」と言う名称で販売されていますが、この名称では何をする道具なのか少々判然としないので、勝手に「自在カニ目レンチ」と呼ぶことにいたします。カニ目レンチは切断砥石の取り付けに使われることが多いですが、ピンの穴位置は砥石を取り付ける機械の種類によってさまざまです。実は、このことが嫌で切断砥石を使う機械の購入は避けてきました。極論すればグラインダが10台あれば、カニ目レンチも10種類必要になりそうです。

勿論、機械を買えば、大抵の場合は砥石交換に使うチャチなカニ目レンチは付属してきますが、付属のレンチなんぞに期待しているとゴミみたいな工具ばかりが無数に増殖することになります。この工具だって充分にチャチ臭いですが、それでもグラインダの付属品なんぞに比べれば遥かに上等です。何よりも、このレンチが1丁あれば全部の切断砥石を使う工具の面倒を見ることができるのですから画期的な話です。



リライフの自在カニ目レンチ。
使い方はごく簡単で、右の写真のダイヤルのような黒いツマミを緩めると、先っぽのカニのハサミ状になっている部分が緩みます。後は機械のピン穴のピッチに併せて固定し直せば宜しい、と言うことです。ピン穴の直径が4mm以上で、ピンの中心間隔が10mmから30mmの工具に使用可能です。勿論、この寸法の範囲内に収まらない機械に使うことはできませんが、機械自体が余程大きかったり小さかったりしない限りは、このレンチ1丁だけでどんな機械でも対応できる筈です。

そんなに凄い大発明、と言うような代物ではありませんが、見掛けのチャチ臭さを抜きにすれば中々秀逸なアイデア製品だと思います。カメラの修理工具の中にも自在カニ目レンチが含まれることがありますが、あれを重厚長大化したものだと考えれば宜しいでしょう。



スイスツール/先端交換式ドライバ各種

March 18, 2001.

スイスツール製先端交換式ドライバ。
良くありがちな、先端ビット交換式のドライバです。普通のものと違うのは交換すべき先端ビットは全て柄の部分に収納できて、交換可能ではあっても脱着はできない点です。この種の物は脱着可能だと大抵は何ピースか紛失しがちなので、私のように管理不行き届きでルーズになりがちな人間にはこの方がありがたいです。勿論脱着できないと困る場合も有るし、このドライバはラチェット機構は無いのでこれだけで済ますと言うわけには行きません。ドライバの先端ビットとラチェットドライバの本体だけと言うのも別途保有しています(但し、全然別のメーカーの製品です)。

種類は結構ありますが、自分自身の使用用途を考えて#4(トルクスのみ6種類)、#5(ヘックスのみ6種類)、#7(+と-が各3種類)の3丁を買い求めてあります。柄の中に収納すると言う構造からして1つのドライバが抱え込めるビットの本数は6種類までと制限があります。そんなわけで3丁も買い揃える必要があるわけですが、便利さには変えられません。大体、工具集めの趣味が嵩じてくると、無駄でもなんでも一通りは揃えないと気が済まなくなって来ますので、、、。



直流安定化電源その1
サンハヤト/DK801

Sept 24, 2000.

サンハヤト製安定化電源DK801。
片手で鷲掴みに出来る程度の小さな安定化電源で、サンハヤトのDK801と言う機種のキットを組み立てたものです。大きさに制限が無ければ自作する事は簡単ですが、「小さく」て「恰好良く」まとめるのは不器用な私には至難の技です。大きさが気に入って買ったようなものですが、これで連続定格1.3A(最大定格1.5A)ですから大したものです。

中味にはナショナル・セミコンダクターの3端子レギュレータIC(=安定化電源用IC)LM350Tを使っているのですが、ロータリーSWで出力電圧を切り換える際に3端子レギュレータへの入力電圧までは切り換えていませんので、低い出力電圧で使うと定格損失目一杯に近いです。電圧を変化できる範囲は3Vから15Vまで、3V刻みです。この3端子レギュレータは、3端子レギュレータ使用のパワーパックで使っているモノとほぼ同じ代物です。



サンハヤトのDK801型内部。
パワーパックを探し出してくるのが面倒な時は横着してこの電源で列車を走らせたりもするのですが、この位の大きさのパワーパックは一つ持っていると便利ですね。同一筺体を使用して7セグメントのLEDで電圧表示をさせるタイプの安定化電源キットや、更にはこのキットに使っているケース単体だけでも以前は販売していたようです。パネルもカバーもアルミ板製で簡単にヘアライン掛けてあるだけですから大したものではないですが、小型で安くてデザインが良いケースは種類が限られてしまいますので、中々便利な存在です。

内部はご覧の通りで、スイッチング電源ではないのでトランスがかなり大きな容積を占めています。右の写真の右端の、黒いヒダヒダのようなものが放熱器です。3端子レギュレータは放熱器のすぐ近所のパネルの内側に取り付けてあります。足元から赤・黄・青のリード線が延びている部品がソレです。



直流安定化電源その2
サンハヤト/DK806

Sept 5, 2000.

サンヤハト製安定化電源DK806。
上記のDK801の上級機で、同じく サンハヤトのDK806 これもキットを組み立てたものです。出力はちょっと大きく2Aです。DK801と決定的に違うのは、LEDによるカウンターのようなものが付いており、出力電圧/出力電流を直読出来ることと、出力電圧が1.5Vから15Vまでの間で無段階連続可変になっている点です。以前の製品は電圧の表示しかできなかったようですが、最近某販売店で見掛けた処、出力電流も読み取れるように改良?されていたようなので飛び付きました。

DK801の4倍くらいの体積があり、中味はスイッチングレギュレータが入っています。普通のシリーズ・レギュレータで連続定格で2A流せるトランスと言うのは相当な大きさになりますから、スイッチングレギュレータにしたこの選択は正解でしょう。そのせいもあってか、トランス自体はそれ程大きくはないもので済んでいます。



サンハヤトの安定化電源DK806型内部の写真です
中身はご覧の通りです。トランスはかなり大きいですが、DK801との出力差を考えれば、出力が大きくなった割にはトランスが肥大化していません。この辺りがスイッチング電源のありがたい処です。

DK801に比べると容量に多少の余裕がありますから、最近ではちょっとした実験には殆どこちらのDK806ばかり使っています。出力電圧/出力電流を直読出来る機能も非常に便利ではありますが、切換えに使っているスライドSWは華奢で、なんとなく直ぐに壊れてしまいそうな気がします。そうは言っても、今まで数年間使っていて一度も壊した記憶はありませんから案ずるほどのことは無いのかと思います。

それよりも一番の不満は電圧/電流表示用のLEDの桁数の方です。電圧を読む場合はこれでも良いのですが、電流を読む際には桁数が少な過ぎて0.1A単位でしか読み取れませんから、この点は少々不満です。値段を考えたら「(表示の)桁数が少ない」なんて文句を言うとバチが当たってしまいそうですが、、、。



デジタル・マルチ・メータ
サンワ/CD800

Jine 22, 2012.

サンワCD800デジタル・マルチ・メーター
サンワ(三和電気計器)の比較的安価なDMM(デジタル・マルチ・メーター)で、型番はCD800と言う機種です。外観上は後継機種と比べると、押しボタンの数が違う程度で大差はありません。実はこの機種以外の他社製の高機能なDMM(デジタル・マルチ・メータ)も持っているので予備機と言うか、サブマシンとして買ったのものです。でもって、予備だとか思って買い求めた機種に限って具合が宜しいので愛用することになってしまうのは良くある話で、日常的にはこの機種ばかり使用しています。私の場合は日常的な使用と言うのは要するに電圧を測る、電流を測る、導通を見る、なんてことばかりですから、高機能な機種は余りお呼びではありません。だからと言って100円ショップで売っているようなテスターは沽券に係わるので使う気にならないですが、、、。

テスターリードは直付けで決して高級機では無いのですが、サンワ製のこの機種の方が堅牢感がありスイッチ類の感触も良く、結果として最近ではこのCD800ばかりを使っています。この写真には写っていませんが、本体と同じ材質で作られた上蓋が付属します。上蓋を嵌めてしまえばテスターリードなども完璧にケース内に収まりますから、持ち運びの際にも鬱陶しさがありません。



接触回転計:小野測器/HT330

Jan 3, 2004.

この品物は¥5000で中古購入しています。

小野測器製接触回転計HT330。
いわゆるタコメータです。製造元は小野測器と言う電子計測器専業の会社です。直接の関係は無いと思いますが、アスターホビーの近所に在る会社です。機械の主軸右端がこうもり傘の石突のような形状になっていますが、実はこれは脱着可能なキャップでして、プラスチック製のパイプにゴム製の三角錐状の帽子を被せたような構造になっています。主軸自体は金属棒をブツ切りにしたような形状です。

押しボタン式のスイッチがあり、このスイッチを押しさえすれば電源は直ちに入り、その直後には直ちに測定可能です。つまり、押しボタンスイッチを押して電源を入れながら回転している物体に一瞬でも接触させれば、それだけで測定は可能です。当然ながら「一蹴」とは言っても静止状態では回転数は0rpmに決まっていますし、それから測定対象が回転している回転数まで追い付いて行かなければならないわけですから、それ相応の時間は接触させ続けておく必要はあります。当たり前ですね。

上述の文章で「測定対象が回転している回転数まで追い付いて」と書きましたが、例えば測定対象が一定速度で回転しているとすれば1秒でも10秒でも押しボタンスイッチを押しながら接触させておいて、後は押しボタンスイッチから手を離してしまえば測定終了です。押しボタンスイッチから手を離す時点での測定値をこの計器が記憶しているからです。押しボタンスイッチ(=要するに電源スイッチ)をどうこうしなくても、呼び出しボタンを押しさえすれば、一番最後に読み取った測定値は直ちに呼び出せるからです。

この装置、実は某ネットオークションに、なじみの工具屋さんが出品されているのを見て衝動的に買い求めてしまったものです。この種の測定器は以前から欲しかったのですが、同種の測定器に比べて測定方法が複雑でないし、これ以外に周辺機器を揃えたりする必要性が無いようなので思わず落札してしまいました。ネットオークションは兎角宜しくない評判も耳にしますし、「こいつ、頭弱いんじゃないか」と思うような取引相手に遭遇したことが無いわけではないですが、信用できる工具屋さん、材料屋さんと取引関係を確立しておくと、何の趣味に限らず安全・簡単・確実な通信販売の購入先が確保できて便利です。

処でこの測定器、「使い道は特に考えていないけれど、面白そうだからタコメータは是非欲しい」と言う途方も無い購入動機を背景にしていますので、特に決まった用途があるわけではありません。コアレスモーターへの換装でもやっていれば、モーター類を直結して取り付けるアダプター類を自作して機種選定の際に大活躍させる、、、なんて可能性は考えられますが、現状では自分の指の動作の素早さを測定する健康機器としての役目しか果たしておりません。猫に小判、ですな。



カリキュレーテッド・インダストリーズ/モデルカルク

Nov 5, 2000.

この品物は$60.00位で購入しています。

カリキュレーテッド・インダストリーズ製鉄道模型用電卓「モデルカルク」。
鉄道模型専用、と言うわけではありませんが、名前からして模型が好きな人を想定して作った模型用電卓、なんだと思います。実際に私が買い求めたのはターミナル・ホビー・ショップです。基本的には関数電卓ですが、インチ=メトリックの換算機能が最大のウリです。

ある程度アメリカ型に慣れ親しんだ人なら少数点で出てくるインチの数値はそれ程苦痛を感じる事なくメートル法に換算できるでしょうが、何度やっても分数表示のインチだけは扱いにくいです。まぁ、換算する都度思考を中断されると言う点はどうにもならないですが、それでもこの電卓が有るのと無いのとでは大違いです。値段は用途が余り一般的ではないからなのか、定価で$59だったかと少々高めです。



新潟精機/ダイヤルスラントルール(傾斜計)

June 3, 2006.

新潟精機製ダイヤルスラントルール。
新潟精機( http://www.niigataseiki.co.jp/ )と言う新潟県三条市に本社の在るメーカーの製品で「ダイヤルスラントルール」なる工具、水準器の一種、角度計、傾斜計、と言った内容の測定器です。測定精度は±0.5°ですからそれほどの精度は期待できませんが、普通の気泡式水準器と比較すると遥かに正確です。更に、気泡式のものは水平・垂直が出ているかどうかと言うことだけは判っても、具体的に何度の角度で傾斜しているのかと言うことは一切読み取ることが出来ないのでなんとももどかしい話です。まるでメーカーの宣伝文句のようで恐縮ですが、そう言った問題は一切解消してくれる便利な測定器です。普通に角度を測るだけでしたら分度器を工夫して使っても用は済むわけですが、このダイヤルスラントルールでは水平長と垂直長が判れば法面(のりめん)の長さと勾配の角度が判る換算表が装置の裏面に貼り付けてあります。

「そんなことが何の役に立つのか?」と言うと、建物の屋根の勾配などは「水平方向に何寸、垂直方向に何寸、だから何寸勾配」などと言う表現をしますから、この種の換算表があるのと無いのとでは大違いです。カンの宜しい方はお気づきかと思いますが、「横に**cm進んだ際に、縦に**cm昇るから**%勾配」とやっている、模型の線路の勾配の算出方法と全く同じやり方です。

上の写真では水平の出ていない場所に載せて撮影しているように見えますが、そうではありません。この装置?は目盛り板を水平になるように置くと、ご覧の通り4度近辺か、100度?近辺の数値を表示するようになっている、と言うだけのことです。本来の使い方は目盛り板を垂直に立てて、、、と言うことです。



シンワ測定/止型スコヤ左右墨付

June 3, 2006.

シンワ測定の“止型スコヤ左右墨付き”。
シンワ測定(http://www.shinwasokutei.co.jp/)と言う新潟県燕市に本社の在るメーカーの製品です。「止型スコヤ左右墨付」と言うのが正式な製品名のようで、型番は「NS-T」と言うようです。要するに、台付きスコヤの一種です。実はこれ、普段は曲尺(かねじゃく)の代わりに材木に線を引くような用途に使っています。

普通に売られている曲尺は薄っぺらくて堅牢感に欠けるし、私が普段木工工作するような材料は例外的なモノを除けば大部分が40mm近い厚みのある木材です。端的に言ってしまえば2×4用の角材なので大雑把に38mm厚ですから、台の部分を引っ掛けて使える台付きスコヤは日曜大工のベランダ作りにも大いに有益です。実際の処、2×2材の裁断にスコヤを持ち出すほどの精度は必要では無いのですが、何分にも私は決して工作が上手な方ではない(=下手の横好き)であるし、その上に工具を買うのも趣味の一つであるので買ってみました。

上の写真で右側だけが色が白っぽくなっていますが、実際は全体が同じ色使いです。要するに天井光だけで撮影して、デフューザーもレフ板の類も使わないで撮影したからこうなったと言うことです。手抜きの見本みたいな写真で恐縮です。



充電式電動ジグソー
パナEZT510X

Dec 13, 2008.

パナソニックの充電式電動サンダーEZT511Xとほぼ同時期の発売で、多分2008年(平成20年)春の新製品だったと思います。従来のパナソニックの工具の品揃えは庭木の剪定用充電式電動バリカンなどと言うものがあるのにも拘わらず電動サンダーと電動ジグソーが無くて、この点のみが大いに不満でしたが、EZT510X(電動ジグソー)とEZT511X(電動サンダー)の2機種が発売されたお陰で、この不満はほぼ解消されました。願わくば、同じく充電式の電動ジスクグラインダーと電動チェーンソーが発売されれば、もはや品揃えとしては完璧に近い状態です。拙宅の工具の顔ぶれとしても、屋内工作用の電動工具としては、ほぼ全てが共通の電池パックが使い回せる充電式の電動工具で揃うこととなりました。

電池パックは付属していないので手持ちのものを取り付けて撮影してみました。これとは逆に木工用のジグソー刃が1本付属してくるのですが、これは取り付けてしまうと撮影しにくいので未装着で撮影しています。



パナソニック充電式電動ジグソーEZT510X。
左下の刃物台?の近くに黄色いツマミが見えていますが、これはオービタル量を変えるツマミです。「オービタル量」と言うのは電動ジグソーなのですから刃先が上下することは当然ですが、その際に前後方向に刃先を振らせる運動量のことです。柔らかい材料を切断する際にオービタル量が多ければ早く切断することができますが、反面、切断面は綺麗ではなくなって行きます。硬い材料を切断する際にはオービタル量を減らして作業し、切断面の綺麗さはその逆、と言うことになります。穴径の小さい作業をするような場合も、オービタル量を減らす、と言うことになります。



パナソニック充電式電動ジグソーEZT510X。
EZT510Xの裏面、と言うか、切断する材料に接触する面です。中央の銀色の部分は6角のキャップボルトになっていて、切断する角度を変えることができます。最大限傾けると45度まで傾斜させることができますので、必要にして充分です。



リョービの電動ジグソーMJ20AV。
こちらはEZT510X以前に使っていたリョービの「MJ20AV」と言う電動ジグソーです。恐らく、一番最初に買った電動工具じゃなかったかと記憶しています。スピーカーの自作に凝っていた時期で、バッフル板(SPユニットを取り付ける前面の板)の穴加工用に買ったのだと思います。但し、スピーカーのキャビネットなんてそんなに沢山作るものでは有りません。そのような訳で結局はのこぎり代わりだったし、電動丸ノコを買ってしまったので最近では余り出番が有りません。

但し、小型計量で取り回しが楽な事は確かですから、もっぱらラチス・フェンスの裁断用やら、パっとしない用途に使っています。当たり前ですがこのジグソーで実用に使える裁断範囲はベニヤ板で20mm厚程度までです。あと、ジグソーと言うのは見方を変えれば刃の幅の狭いレシプロソーの一種に過ぎませんので作業効率は丸ノコに比べたら当然見劣りします。この辺は割り切らないと駄目ですね。但し、習慣として作業者の腕の延長方向に刃先が出入りするものをレシプロソーと呼んで、この機械のように作業者の腕に対して直角に?刃先が出入りするものをジグソーと呼ぶようです。通常、レシプロソーと呼ばれる機械はジグソーよりもかなり切断能力は高いようです。例えば、普通の鉄筋は直径9mm程度ですが、鉄筋をレシプロソーで切ることはしても、ジグソーで鉄筋を切ろうなんて考えるのは、私のような大胆不敵で図々しい素人ばかりのようです。本職の人だったら、レシプロソーが必要な用途の仕事をするならばレシプロソーを買ってくれば済むことですから、無理してジグソーで頑張る必要は何処にもありません。

機械そのものが小さいので当然ですが、ジグソーと言うのは「弦鋸(ツルノコ)」の延長のようなものです。あくまでも細かい造作が前提の工具ですから、歌舞伎の荒事のような作業は無理です。特に「角度切り」と言うのか、切断面を45度一定ににして切るような作業は、刃先の剛性が低いので、切れたとしても満足の行く仕上がりにはならないでしょう。その反面、剛性が低いことを利用して刃先を撓わせながら切って行くような芸当は、まさにジグソーの独壇場です。



充電式電動サンダー
パナEZT511X

Sept 27, 2008.

パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。
充電式電動ジグソーEZT510Xとほぼ同時期に発売された新製品で、以前に使っていたマキタのM9035Sと言うAC100V電源の電動サンダーの代替機として買い求めたものです。マイジョイと言うシリーズの一員なので12Vのニッカド電池やニッケル水素電池が共用できるほかに、新開発の10.8Vのリチウムイオン電池も使用可能です。1割も低い電圧の電池を共用にしたら最大出力やらが変わってしまうんじゃないかと思うのですが、その辺りの事情に関する説明はメーカーのサイトを見ても特に記載がありません。何となく釈然としないのですが、メーカーが大丈夫だと言うのだからなにも考えずに使っていますが、実際に12Vのニッカド電池を使っても特に不都合があるようには思えません。

セット内容により付属品の組み合わせ方は色々とあるようですが、私が買い求めた「EZT511X」と言うセットには、お試し用のサンディング材(と言うか貼り付けて使用する紙ヤスリ)が数枚付いているだけで、電池は付属していません。電池が付属しているセットものではリチウムイオン電池が付属してくるようで、ニッケル水素電池やニッカド電池との組み合わせになるようなセットは設定が無いようです。

外装色は2トーン・グレイで、なんとなくノーザン・パシフィック鉄道風であることがこの工具の最大の美点です(ウソ)。色の明るい部分はいわゆる普通のプラスチックで、色の濃い部分はゴム質の材料が使われていて滑り止めになっています。以前のマイジョイ・シリーズの製品で黄色と灰色の2トーンになっているものは灰色の部分がゴム質の滑り止めですが、大雑把にあのような素材です。



パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。
サンディング材(と言うか紙ヤスリ)を取り付ける面はこのようになっています。内側寄りの8個の穴は吸気口になっていて、此処から集塵した削りかすは、そのまま後側の削りかす袋に集められます。内心余り期待していなかったんですが、私自身の勝手な予想よりは遙かに集塵効果は高いです。最初は半分くらいナメてかかっていたんですが、実際に使ってみると予想外に削りかすは回収してくれます。「へぇ」じゃなくて「へぇ~~~~~」と感心するくらいの効果があって少々驚きました。100%集塵出来るわけではないので多少は割り引いて考えてやる必要がありますが、この仕掛けはきわめて効果が高いと評価できると思います。



パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。
これが置き台代わり?の穴開け治具です。単純にこの台の上に電動サンダー本体を載せさえすれば、所定の箇所に穴が開きます。削りかすを集塵するために紙ヤスリにはこの治具を使って穴を開けてから使うわけです。普通に考えると、使用中に紙ヤスリに穴が開いたり紙ヤスリ自体が千切れたりしないように注意しながら使うわけでして、そう考えるとなんとなく抵抗があります。集塵機能を最大限に生かして使用するためには紙ヤスリの寿命は少々犠牲になっても仕方がないと、割り切って考えるしかないようです。



パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。クリックすると別画面で大きな画像が開きます。
パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。



パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。
パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。



パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。
パナソニック充電式電動サンダーEZT511X。



電動インパクトドライバ
パナEZT608

July 16, 2005.

以前に所有していた日立工機のDW15Yと言う電動ドライバドリルは、「電動ドライバドリル」と言う範疇では十分に強大なトルクの持ち主で気に入っていたのですが、あくまでも電動ドライバドリルはドライバドリルであって、インパクトドライバの代用になるわけではありません。

そのようなわけで暫く前にちょっとした気の迷いでリョービのインパクトドライバを買い求め気に入ってはいたのですが、結局は買った直後にパナソニック製品に買い換えてしまいました。理由は第1に充電式電動丸ノコ(EZT502)ドリルドライバ(EZT112)の抱合せ販売・超大特価の品物を見つけて飛びついてしまったので、リュービのインパクトドライバのみが電池パックの形状が違うので取り扱いが面倒です。第2に拙宅の周辺では、何故かリョービの電動工具が出回っていないからです。

「それだったら最初からリョービの製品を買わなければ良かろう」と言われそうですが、帰宅途中に某駅前のBカメラ店でバスが出るまでの時間つぶしに工具売り場に立ち寄ったら気が迷って、、、とまぁ、そのような訳で丸ノコ、ドリルドライバ、インパクトドライバの3種類は全てパナソニック製品に揃えてしまいました。丸ノコ以外は充電器と電池パック付属してきましたから、機械本体3台に対して充電器が2台、電池パックが4個となりました。

チャックはワンタッチ式と言うのか、引っ張れば緩み、放せば締まります。ビット類の交換はごく簡単で便利です。以前に所有していたリョービのインパクトドライバも同様の構造になっていましたが、インパクトドライバと言う工具は普通にこんな構造になっているものなのでしょうか?白状すると、私はインパクトドライバはごく最近になって使い始めたばかりなので、この辺りの事情は良く判りません。

このインパクトドライバ、標準装備でLEDの照明が付きます。ねじ込む対象となるネジやらを照らすためのものですが、チャック?の直下に取り付けてあって、引き金を引いた時にのみ点灯します。明るさは、、、そんなに明るくは無いですが、まぁ、こんなものでしょう。但し、モーターの始動時と停止時にブラシ付近からかなり盛大な火花が出るのですが、この火花の方がLEDの照明よりも遥かに明るくて笑えます。



パナソニックのインパクトドライバ、EZT608。
パナソニックのインパクトドライバ、EZT608。



電動ドライバドリル
パナEZT112

July 9, 2005.

この品物の購入金額は丸ノコとの抱き合わせ販売なので判然としません(セットで¥18800)。

パナソニックの電動ドライバEZT112。
パナソニック製の電動ドライバドリルで、以前に所有していた日立工機のDW15Yと言う機種の代替機として購入したものです。実はコードレス式の電動丸ノコを物色していた際に、EZT502型丸ノコとの抱き合わせ販売でかなり格安だったので飛び付いたものです。この電動ドリルドライバに対して世間の相場並みの金額を支払うと、オマケ?に付いてくる電動丸ノコは通常価格の1/2以下で買える計算でした。更に、充電器も電池パックも使い回しができますから感覚的には一石三鳥程度です。

以前に所有していた日立のDW15Yは民生用(≒素人の日曜大工用)と言うよりは、本職用の最下級機種のような位置づけです。それの置き換えとして完璧に素人向け?のこのEZT112と言う機種が使い物になるか?と言うと、丸っきりそのまま置き換え、と言うのは当然無理な話です。実は日立のDW15Yの方は90mmのコーススレッドを下穴無しでネジ込むことが前提で購入したものです。実際にはこう言う使い方だと少々無理があるんですが、まぁ、やって出来なくはありません。EZT112の方で90mmのコーススレッドのねじ込みはやったことがありませんが、下穴を開けてから75mmのコーススレッドをねじ込むとか、そのような用途に限定すれば充分に実用にはなると思います。

大体、インパクトドライバが別にあるのですから、ドリルドライバでそれほど頑張る必要はありません。「努力云々」などと言う奇麗事を並べたりせずに、機械の能力にあった使い方をしてやれば済むことです。当たり前ですが、普通の人が死ぬ気で努力すれば100mを5秒で走ることが出来ると言う保障があるのならば私だって少しは努力しようかと言う気にもなりますが、どう考えてもそんなことがあろうとは思えないので無駄な努力としか言いようがありません。この機械にだって無駄な努力をさせれば、、、その内にモーターでも焼けてしまって、お亡くなりになってしまうだけです。だから、機械の能力に応じて作業工程を工夫してやれば済むことです。

最近の電動ドリルドライバとしてはごく普通の機能ですが、クラッチの動作するトルクを任意に設定できるし、チャックもキーレス式です。即ち、チャックハンドルを使わずにチャックの開け締めが出来ると言うことです。正転・逆転の切換は出来るし、トルクの2段階可変(≒回転速度の2段階可変)も出来ますから、普通に素人がDIYに使う分には、相当熱心な人であっても充分と思われる機能を有しています。

それでは具体的な穴あけ能力はどれくらいかと言うと、木工用ドリルだとφ20まで、金工用ドリルだとφ10まで、金工用のホールソーだとφ25まで、なんだそうです。大した性能ではないのですが、余り強力高性能な機種だと、当然ながら電源電圧は高くしなければならないだろうし、強力なモーターを使えば重くて取り回しは厄介になるだろうし、大体、高い金を出さなければ買えないだろうし、そう考えると素人向きには程々で丁度良い程度の性能ではないかと思います。



電動ドリルセット
ドレメル/#3950

June 11, 2005.

ドレメルの#395と言う電動ドリル本体に、オプションのビット類をセットにして販売している物です。日本には東洋アソシエイツさんが輸入しておられますが、私は友人が個人輸入した際に買い過ぎて余ったものを分けて貰いましたから、いわゆる並行輸入品です。本コンテンツの中では、唯一のGゲージ向き工具である、、、と言えなくもありません。

話を大昔にまで遡ると、40年ほど前のTMS誌に「DMT頒布会」の広告が載っていたことをご記憶の方がいらっしゃるかと思います。「DMT」とは“ドレメル・モーター・ツール”のことのようで、住所は「機芸出版社内」となっていたかと思います。機芸出版社と言うのは、言うまでもなくTMS誌の発行元です。PECO製品の輸入元もご存知の通り機芸出版社ですから、この当時は機芸出版社自身でドレメル製品の輸入販売をしていたのではないかと思います。



ドレメルの電動ドリルセット#3950。
ドレメルの電動ドリルは高速回転が売り物というのか、最高回転数は30000RPM位だったと思います。元来が小型・高速のドリルですから重切削などは望むべくもありません。取り付けた刃物をごく僅かに被削物に当てながら加工すると言った、そのような使い方をすれば本領を発揮してくれます。間違っても、穴あけの際に「体重を掛けて、、、」なんての使い方はやらんことですね。

オプションでルーターテーブル・アタッチメントやドリルプレス・スタンドなども出ているのですが、後者は兎も角も前者のルーターとしての機能は元来高回転小トルクのモーターを使っているのですから、日曜大工的に考えると余り多くは期待できそうもありません(期待する方が無理ですが)。



ドレメルの電動ドリル#395のチャック。
この工具のチャックは秀逸でチャックハンドルが無くてドリル類を交換できるし、何よりもチャック自体の精度が高いです。上の写真のチャックの根元に銀色のボタンのようなものが見えますが、これを押しながらチャックを廻すと刃物類を咥えたり、放したりすることができます。いわゆるキーレスチャックです。

何よりも、チャックが小さいのでキーレス構造にしておかなければ使いづらくてどうしようもありません。



ドレメルの電動ドリル#395の速度切り換えSW付近。
速度切り換えスイッチ周辺。この#3950は5段階切り換えになっています。現在の#395は5000rpmから35000rpmの間で無段階連続可変となっているようです。この工具を使う際には旋盤の場合とは発想を変えて、なるべく高めの回転にしておいて、刃物は加工する対象に対してはあくまでも軽く接触させる程度にして使うのが、最も無理のない使い方ではないかと思います。



充電式電動丸ノコ・木工用
パナEZT502

July 16, 2005.

この品物の購入金額は電動ドリルとの抱き合わせ販売なので判然としません(セットで18800円)。

パナソニックの充電式丸ノコEZT502。
以前に使っていたマキタの電動丸ノコM560型の代替機として、電動ドリルドライバEZT112と一緒に抱合せ販売で購入したものです。体積比ではm560の1/3程度のごく小さな丸ノコです。

最大切断厚さは40mmですから、2×4の材用を切断した際に、僅か2mmしか余裕が残らないと言う、私の想定する使い方としてはかなり限度一杯の機種です。言うなれば、従来使っていた機種に比べると明確なスペックダウンですが、私の過去の工作経験からすると、2×4材よりも厚い材料を裁断することは滅多にありません。

たまに4×4材を切断するかどうか、と言うだけですから、38mm厚の材木(=2×4材)が切断できさえすれば、それ程困るような場面ではちょっと想像しにくいです。そのような事情もあって、従来機に比べて大幅に小さい機種に交換することにしました。「大は小を兼ねる」と言う理屈も判らないではないですが、年をとったせいか、最近は大きくて重い道具を振り回すのは嫌になってきました。なんと言うか、年齢相応に縮小均衡へ向かいつつある、その一環みたいなものです。



パナソニックの充電式丸ノコEZT502。
こちらの写真は上述の写真の裏側から撮影した処です。序でにノコ刃を目一杯引っ込めました。薄板を切断するような場合はこのような形状で使用するようになりますが、ちょっと間の抜けた愉快な光景です。画面左上の黄色い四角が付いた部分が電池パックでして、同じマイジョイの12Vの機種同士の中であれば使い回すことが可能です。

これは丸ノコの本質とは余り関係の無いことですが、マイジョイの製品の中には充電式の同じ電池パックを使う充電式懐中電灯(EZ3794)だとか、充電式ランタン(EZ3791)、掃除機、植木の剪定に使うバリカン、なんてものもあります。12Vで動作する工具の電池はニッケル・カドミウムでもニッケル水素でも互換性はありますから、1種類の電池に揃えれば使い回しが出来て大変便利です。反面、一旦揃えてしまうと他のシステムへの移行はかなり難しくなるわけで、この辺りはレンズ交換式の1眼レフと同じような考え方をする必要があります。



充電式電動丸ノコ・金工用
パナEZ3502

Feb 16, 2008.

この品物の購入金額は20000円くらいです。

パナソニックのEZ3502と言う金工用の充電式電動丸ノコです。上述のEZT502型電動丸ノコの新系列の機種です。以前の機種は「EZT***」と言う型番でしたが、新仕様のものは「EZ3***」と言う型番になり***の部分に入る数字が同じものは、純粋な後継機種と考えれば良いようです。丸ノコはどの機種でも、概ね金工用の鋸刃も木工用の鋸刃も取り付けられるので、その都度鋸刃を交換して使うのが合理的なんでしょうが、実際問題として、そんなに頻繁に交換しながら電動工具を使うことは面倒すぎます。やはり、切断する材料の種類に応じて鋸刃を取り付けたままにしておきたいので、木工用として使っているEZT502の他に別途、金工用として別の丸ノコは必要になってくるわけです。

ま、この辺りは工具買い道楽の一環として、新しい工具を買うための言い訳でもあることは認めますが、この種の面倒くささがあると、どうにも作業しようと言う意欲が失われてしまいます。例えば、日常的には殆どの作業をEZT608(充電式インパクトドライバ)で済ませてしまうにも拘わらず、使用頻度が少ないことを承知でEZT112(充電式ドリルドライバ)も保有しているのも同じことです。使用するキリ(=ドリル)の直径に併せてボール盤を5台も10台も並べて作業する人もいないでしょうが、それでも同じ直径のキリ(=ドリル)で済ませられる作業は済ますようにして、極力キリ(=ドリル)の交換頻度を少なくなるように工夫するのが、普通の人間の当然の心理です、、、やはり、言い訳ですか(笑)。



パナソニックの充電式丸ノコEZ3502。
EZT***と比べるとトルクがほんのちょっとだけ増えて、定格回転数が3400回転だったものが2000回転に下がっています。これ以外にも外観はかなり重心が低い感じに変わっていますが、それ以外は具体的にどう違えたのか定かではありません。木工専用機のEZT502と違ってこちらのEZ3502は可動部分が少ないようです。例えば断面が斜めになるような切断が出来なかったり、と言った違いはあります。実は金工用専用丸ノコを買ったのは、以前に持っていたアステージのMS-650と言う高速切断機を処分したからです。

もうちょっと正確に言うと、高速切断機を処分したかったからEZ3502を買ったと言うことでもあります。大きさの点では間違いなくEZ3502の方が小さいからでして、道楽で買っている電動工具とは言えども置き場所を整理しないことにはどうにも収拾が付かなくなります。現実に収拾がつかなくなりつつあるから手持ちの機材を処分するわけですが、実は一緒に購入した純正の工具ケースがかなり体積が大きくて予想外に嵩張ると言う点は明らかに誤算でした。



パナソニックの充電式丸ノコEZ3502とEZT502。
2機種並べて撮影してみました。奥側のEZ3502の方が色が黒くて背が低いせいもあって精悍な印象を受けます。手前のEZT502の方はかなり使い込んでいるので塗料が付着したりして、少しかわいそうな状態になりつつあります。愛用していると言うことの反証でもありますが。



シンワ測定/マルノコカッター定規“エルアングル”

Oct 8, 2005.

シンワ測定のマルノコカッター定規“エルアングル”#77898。
新潟県三条市に本社が在るシンワ測定の“エルアングル”と言う丸のこカッター定規です。この“エルアングル”を材料にあてがって、長辺を頼りにして電動丸ノコを移動させれば正確に直角が出る、と言うものです。

この種のものは幾らでも類似品がありますが、シンワ測定の名前は以前からこの種の物差し?メーカーとして聞き及んでいましたし、なによりも“エルアングル”は大袈裟でなく、取り回しが容易であると言う点を評価して買い求めました。自由な角度に設定できる機種も販売されているのですが、直角に切断する機会が一番高いですから欲張らずに単機能のものを買い求めました。長辺には寸法目盛りが刻んであります。メトリックの目盛りは当然ですが、もう一種類の目盛りが刻んであるので「インチ目盛りか?」と期待したのですが、、、残念ながら尺目盛りでした。この種の工具でインチ目盛りが付いていたら便利なんですけど、、、。

この“エルアングル”を買い求めたのはホームセンターコーナン(本羽田萩中店)で、在庫があるのはこれを含めてもう1種類だったか2種類だったか、その程度です。失礼ながら余り売れていないようで、在庫は最大でも各1本の展示在庫のみのようです。しかも、店にぶら下がっている期間が長いので、しまいには傷だらけのボロボロになって哀れなものです。私は2年位前から買う時期を見計らっていましたので、最近になって在庫が入れ替わった直後に買い求めました。こんな簡単な代物でも、買う方にはそれなりの苦労はあるものです。常時5本も10本も在庫しているような店だったら、何の苦労も要らない話です。もっと、在庫の多い店で買えば良かった、、、。



リライフ/電気チェーンソーRCS-301K

July 7, 2006.

この品物は¥5000位で購入しています。

リライフの電気チェーンソーRCS-301K。
自在カニ目レンチと同じく、兵庫県三木市に在るフレンドリミテッドと言う会社が「リライフ」ブランドで取り扱っている電動チェーンソーです。どう言う会社なのか定かでありませんが、工具系を得意とするメーカー兼商社であるようです。購入金額と型番から想像が付いてしまいますが中国製で、刃渡り300mmの電動チェーンソーです。チェーンソーと言うとハスクバーナのエンジン式のものが有名ですが、やはりスイッチ一発で始動できる電気仕掛けのものの手軽さは何ものにも代え難いですし、たまにしか使わない工具なのでやはり電気式の方が良いかなぁと思い、こちらを選んだような次第です。選ぶも何も、ハクスバーナの製品とリライフブランドの製品では、下手すりゃ価格が10倍近く違いますから余り比較にはならないですが。

刃先の部分に「OREGON」と言うブランド名が記載されていますが、これはあくまでも刃(=チェーンソーブレード)のメーカーの名前であって、チェーンソーのメーカーとは無関係です。このチェーンソーを買うに際してドイト、ホームセンターコーナン、オリンピック、と何軒かホームセンターを廻って見たのですが、何処の店においてある何処のメーカーのチェーンソーにもOREGON製のチェーソーブレードが使用されて、それだったらどれを買っても大差ないなぁ、と判断し、後は貧乏人の悲しい定めで一番安く売っていたコーナンで品物を手にとって見たらリライフブランドの品物だったと言うことです。

上の写真は使い始める前に愚息に撮影してもらったものなので随分と綺麗ですが、使用中は刃先に常時チェーンソーオイルを常時供給しながら使いますので、ちょっと切断しただけでも刃先や根元の部分は直ぐにオイルまみれのオガ屑だらけになります。但し、「常時供給」とは言ってもオイルを撒き散らしながらと言うほどではありません。使わない間にチェーンソーを置いておくと、置いた場所の直下にオイル溜りができることは出来ますが使っている本人の足元がチェーンソーオイルでびしょびしょになると言うほどではありません。説明書にはかなり悲惨?な絵が書いてあったので内心心配したのですが、作業場所を養生したりする程の必要は無いようです。

チェーンソーオイルは少量ですが付属しています。全量ぶち込むと大雑把にゲージ読みで2/3程度まで入ります。30分位使った結果では目盛りの1/6程度減った(=使った)ようです。もっとも、今回は使い始めなので今後も全く同じように消費して行くのかどうかは判然としません。それでも、付属のオイルだけで4時間や5時間は使えそうです。私は念のために別途1本買っておきましたが、暫くは補給しないで済みそうです。チェーンソーオイルと言うものの正確な成分比などは判りませんが、ちょっと固めのエンジンオイルのような感じです。素人の勝手な想像ですが、単純な潤滑用でしかないみたいですから、エンジンオイルでも充分代用できそうな気がします(気がするだけです)。但し、概ねエンジンオイルよりもチェーンソーオイルの方が安いので、チェーンソーに使うことだけを目的にエンジンオイルを買うのは少々勿体ないように思います。

問題は騒音ですが、エンジン式とは違ってかなり静かです。実際に材木を切る場合も、無負荷回転中に比べてそれほど騒音が増すわけではありません。使用中はなんと言いますか、やや腰を落として正眼の構えをするようなつもりで持って材木に対峙するのが無難です。刃先の回転方向との兼ね合いから、切り屑は手前下側に盛大に撒き散らされますので大上段に構えて切断しようなんて考えると酷い目に遭います。ほぼ、自滅行為ですね。切る材木の種類によって切れ方は違いますが、梅のように硬い木は切り易く、柿のように柔らかい(折れ易い)木はなんとなく切りにくいです。



板金折り曲げ機
中村ワークサービス/ハンドプレートベンダー

May 8, 2004.

この品物は¥7875で購入しています。

愛知県西尾市でご盛業中の鉄工所「中村ワークサービス」さんの製品で、「ハンドプレートベンダー」と言う名前の製品です。シャコマン(Cクランプ)改造と言う独創的な発想による板金折り曲げ機です。シャコマン自体の寸法は75mmですから、それ程巨大なものではありません。



中村ワークサービス製ハンドプレートベンダー。
「この程度では大した板厚のものは曲げられないだろう」とは誰もが予想することで、実際そんなに物凄い厚板は曲げられません。もう一つ、構造上それ程幅の広い板を曲げることも無理です。帯金(いわゆるフラットバー)専用の晩期の折り曲げ機と考えると宜しいでしょう。曲げ加工可能な最高板厚はアルミ板で3.2mmだったと思います。処が驚いたことに、この折り曲げ機を使うと3.0mmのアルミ板が片手でかなり楽々と折り曲げることが出来てしまいます。

私はどちらかと言うと馬鹿力の範疇に引っ掛かる程度の腕力はありますので余り正確な表現にはならないかと思いますが、3.0mmのアルミ板に関してはほぼ手首の力だけで曲げ切ってしまいました。多少は上腕部を緊張させるかな?と言う程度でしょうか。この調子でしたら5.0mm厚はかなり無理があると思いますが、4.0mm程度まででしたら何とかなりそうな気がします。気がするだけで実際は大外れかもしれないですが、、、。

更にもう一つオマケがありまして、シャコマンの先っぽ?を廻すねじの部分に、普通の六角のスパナやレンチが使えるようになっています。だからと言ってスパナで廻したから急に10mm厚の板まで折り曲げられるようになるわけではないことは判り切っていますが、スパナが使えるのとそうでないのとでは大違いです。この種のクランプ類では、指先の力だけに頼るのではなくて、スパナが併用できるようになっている方が絶対に好都合です。必要が無ければスパナを使わなければ済む話です。ラチェット式のスパナを使えば、ラチェット式のシャコマンが自動的に出来上がってしまいますから、考えようによっては随分と凄い話です。



中村ワークサービス製ハンドプレートベンダー。
正式にはなんと言う名前になっているのか判りませんが凸刃と凹刃が組み合わせになっている部分。この部分に被加工材を挟んで締め上げていって曲げ加工してしまおうというものです。

簡単に言ってしまえばシャコマンに凸刃と凹刃の2つの曲げ刃の組み合わせを溶接して取り付けた構造になっています。母体となる構造部分はあくまでもシャコマンですから、この種の機械工具としては小型軽量です。なんと言っても、この点は非常にありがたいです。

普通の構造の板金折り曲げ機でこの大きさでしたら、恐らくはペラペラな紙切れと大差無いような材料しか曲げ加工できないでしょう。小なりと言えどもシャコマンは万力の一種ですから、力技で押さえ付けるような作業には決定的に向いています。こう言う用途の工具に転用してしまうこと自体、まさしくアイデア賞ものですね。



中村ワークサービス製ハンドプレートベンダーで加工した金属板。
加工例です。右の品物は鉄板を曲げ加工した作例で、品物と一緒に届けられたもの、t3.0の鉄板です。左は私が試しに曲げ加工してもので、同じくt3.0ですがアルミ板です。一気に最後まで曲げ切ってしまうと左の例のようにL型金具が出来上がりますが、「緩く少し曲げてずらして、緩く少し曲げてずらして」と言う工程を繰り返せば左の例のように丸く曲げることも可能です。

使い方は簡単で、全体として打ち出の小槌のような形状になっていますので、小槌の柄の部分を利き腕とは反対側で保持し、利き腕側でシャコマンのねじの部分を締め上げてゆけば希望の寸法に折り曲げ加工ができます。多少難点があるとすれば、材料の位置決めをするための機構は持っていないので、折り曲げ線ドンピシャの位置で正確に折り曲げるには少々慣れが必要であると言う点でしょうか。この辺りは考え方・使い方との兼ね合いであると思うのですが、中途半端に位置決め機構なんかがあると凸刃・凹刃の周辺が肥大化して使いにくくなるような気がします。多少面倒でも機械に歩み寄って早めに慣れてやって、機械のクセを使用者側が理解してやった方が得策ではないかと思います。



中村ワークサービスさんのサイトのURLはhttp://www12.ocn.ne.jp/~kiririn/index.htmlです。同じく、サポートもしていただくことのできるBBSも設置されています。ご住所は愛知県西尾市細池町南側23番地1です。このハンドプレートベンダーは直接通販で買い求めることも可能ですが、ヤフオクにも出品されておられるので、こちらでも購入可能です。別に広告料はいただいていませんが、この種の気に入った製品は布教したくなる性格をしていますので、勝手に宣伝させていただきました。(Apr 24, 2004.)



60mmを超える板幅の材料の加工について

May 8, 2004.

この工具の曲げ刃の長さは60mmですから、反対返しにて咥え直しながら両側から材料を少しづつ曲げると言う手法をとると120mmが限界と言うことになります。但し、この方法だと、シャコマンの顎に対して水平方向に曲げ刃が取り付けてある形状のこのベンダーでは限界以上の板幅の材料の加工は相当に困難です。

特注品として曲げ刃がシャコマンの顎に直角に取り付けてあるベンダーもありますので、そちらでしたら必要な板幅の分だけ複数のベンダーを揃えれば済むことですし、元来金額が安いので複数買ったとしても、普通のベンダーよりもかなり安くて済みます。ベンダー1台だけでも少しづつカニ歩きのように曲げ刃をずらして行けば、無限大の長さの板材の曲げ加工が出来る、と言えなくもありませんが、仕上がりの綺麗さを考えると、余り現実的な手法では無いようです。

1台のベンダーでもっと幅の広い材料を加工できるような仕様のものを作ることは不可能ではないそうですが、その場合はシャコマン自体がもっと大きいものを使わなければならないと言うことで、この製品の大きな特徴の一つである可般性の高さ(持ち運び易いということ)が失われますから、寧ろ油圧プレスなどの使用を考えた方が宜しいとのことです。と言うことは、限度以下ならば油圧プレスよりは優れていると言うことになりますね。

Gゲージ以上大きさの車輛の工作や電子工作の際にシャシの加工に使おう、なんてことを考えると「もっと幅の広い材料の加工は出来ないか」と考えがちですが、ホーザンの折り曲げ機が400mmを超える板幅のアルミ板を曲げ加工することは出来ても限度はt1.5でしかないことを考えると、例え60mm幅の材料までしか曲げ加工できないとは言え、片手で手持ち出来る工具で3.0mmを超える板厚の材料が楽々曲げ加工できるということは驚異的とも言えます。(May 8, 2004.)



小型旋盤
ミスター・マイスター/KS200

Apr 1, 2001.

ミスターマイスターの小型旋盤KS200。
以前やっていた仕事やら何やらの兼ね合いもあって入手した小型の旋盤です。最近、ドイトや東急ハンズでも展示品を良く見掛けます。心間200mm程のミニ旋盤ですからそれなりの制約はあります。オプションの自動送り装置を取り付けてもネジ切りは不可であったり、鉄やステンレスの加工には不向きであったり、、、。

但し、実際にはネジ切りするのにはタップ/ダイスを使えば済むことですし、ライブスティームではない普通の電動の鉄道模型の場合はステンレスなどを削る必要性は余り無いので、不便は感じないのではないかと思います。

ま、理屈は兎も角も、赤と白に塗り分けられた外観はキカイキカイしていなくて気に入っています。この旋盤専用?のコンテンツ「小型旋盤KS200で工作する」も別途用意しておりますのでご高覧いただければ幸いです。詳しい事情は知りませんが、ユニマット製品で共通の部品が使える機種があります。



小型旋盤
ミスター・マイスター/コンパクト7

June 11, 2005.

ミスター・マイスターの小型旋盤「コンパクト7」。
またしても東洋アソシエイツさんの製品なんですが、「コンパクト7(COMPACT7)」と言う名前の旋盤です。但し、名前は大いに偽りあり?でして、上述のKS200などに比べると遥かに大型で立派です。他社製の、¥10万から¥15万程度の価格帯の機種と比べると、明らかに本機の方が大型で立派です。店頭展示のある店で見比べたりすると、ちょっとビックリしてしまうほどです。機械の大小で旋盤の性能が一義的に決まるわけではありませんが、現実に寸法の大きな機械でなければ削れない材料の範囲は決まってしまいます。当たり前の話ですが、、、。

例えば、直径50mmまで削れる旋盤と、直径200mmまで削れる機械があったとします。これで直径49mmの材料を削るのであれば、どちらで削っても大差はありませんが、直径51mmの材料を削るには200mmの材料が削れる機械じゃないと無理、と言うことになります。これまた、当たり前の話です。直径49mmと直径51mmとでは、たった2mmの違いでしかないですが、削れないものが削れないのはどうにも仕方の無い話です。

KS-200は小型軽量で気に入っていますし、今後も手放すつもりは全くないのですが、5インチゲージの工作をしようなんて考えると、惜しい処で寸法が足りません。Gゲージにしたところで1500mm動輪だと寸法が足らずに削ることができません。何も車輪を削ることだけを目的に旋盤を入手したわけではないのですが、やはり旋盤を持っていたら「この車輪は自分で削ったのさっ」と自慢の一つもしたかろうと言うものです。

半面、コンパクト7(COMPACT7)はKS-200に比べると相当に大型で重いですから取り回しは厄介です。専用の工作室があって常設したままにできるのであれば大きかろうが重かろうがたいした問題ではありませんが、工作室など持たぬ身としては日常的に抱えて、持ち上げて、作業場所へ移動して、と言った作業を繰り返さなければなりません。本機の公称重量は23kgだったかですが、自分自身の経験としては日常的に移動を繰り返す機械のとしては、この程度が自分の腕力の限度です。過去の経験からすると、どうしても仕方が無かったら70kgや80kgまででしたら抱えて持ち運びできないことは無いですが、好き好んでそんな作業はしたくはありません。

家庭内に保管すると言う実用面を考えると、この程度の大きさが限度のようです。同様に5インチゲージの工作にも使いたいと言うことを考えると、この程度が小さい方の限度でもあるようです。



充電式懐中電灯
パナ充電式懐中電灯EZ3794

June 3, 2006.

パナソニック製充電式懐中電灯EZ3794。
充電式の懐中電灯の一種ですが、普通のものとは使用する電池の様相がかなり違っていまして、12Vのニッカド電池です。「工事用」として販売されていて、「マイジョイ」と言う名前で売られている製品の電池パックが共通で使用きるという代物です。同じような製品で充電式ランタンもあり、本当はそちらを探していたのですが、懐中電灯が先に見つかってしまったので見切り発車的にこちらを買い求めたような次第です。

とくに工事用途に限った使用方法しか考えられないと言うわけでも無いでしょうが、12Vの電池を使う懐中電灯なんて、工事用程度しか使いみちを思いつかないと言うことでしょうか。実はニッカド電池の強制放電器としても使おうと思って買ったのですが、その種の使い方はできないようになっていて玉砕しました。要するに電池の電圧を管理するコンパレータのような回路が入っているので、一定限度まで電圧が下がると警告灯が点滅し、さらにそのまま所定の電圧まで下がると勝手に消灯してしまいます。デジマルで読んだ数値なので、余り大した正確さはありませんが、10.02V程度まで下がると消灯させるようになっているみたいです。

この種の装置の常として放置しているとある程度は電源電圧が回復してくるのですが、一旦強制消灯させたものは電池の電源電圧が回復してきても再点灯はしません。その代わりに、一旦電池を外して(=リセットして)から再度電池を装填し直せば再点灯します、、、とは言っても、再点灯するのと同時に警告灯は点滅するし、20秒も経たないうちに再度消灯してしまいます。

何分にも手持ちの電動工具の電池パックと充電器がそのまま転用できるので、既存の資産が有効活用できると言う点では極めて効率的です。その代わりに、電池パックも充電器も無い状態から新規に揃えるとなると、たった1個の懐中電灯が¥10000以上することになりますから極めて不経済です。マイジョイシリーズの製品を既に所有しているかどうかが、この製品の価値判断を分ける境目となりますね。

上の写真ではデンチパックを下にして立てておいた状態を基準として下20度向きで撮影していますが、上90度向き、前方45度向き、水平0度向き、なんて角度でも固定できます。「上90度向き」と言うのは単なる一直線上になったひょろ長型の懐中電灯の形状になると言うことです。下の写真をご参照ください。



パナソニック製充電式懐中電灯EZ3794。
パナソニック製充電式懐中電灯EZ3794。



充電式照明
パナEZ3791充電式ランタン

Jan 26, 2008.

以前から欲しかった充電式のランタン(洋燈)で、マイジョイシリーズの電池パックが使えるという点では充電式懐中電灯EZ3794と同様です、、、と言うよりは、電池パックや充電器を付属させないで販売しています。普通の単なる電動工具類は概ね電池・充電器は一緒にセット売りされていますから、こちらのランタンや懐中電灯は既存マイジョイユーザーを販売対象としていることは明白であるように思います。電池パックは本体のお腹の下に抱え込むように装填しますから、爆弾を抱えた急降下爆撃機のような状態ですが、ランタン全体の形状としては取っ手付きのナゾータワー(笑)のような形状となります。下部構造の関係もあって、電池パックを装填しないと正常に成立しません。何故か、ドイトでも、ホームセンターコーナンでも売っておらず、ジョイフル本田ですら見掛けることがありません。止む無くネットオークションで某工具店から買い求めましたが、妙な処で苦労するものです。



パナソニック製充電式ランタンEZ3791。
パナソニック製充電式ランタンEZ3791。
パナソニック製充電式ランタンEZ3791。



光源は9Wの蛍光灯を明るさ2段階に切り換え使用が可能、その他に「探検球」と称する豆電球も切り換えて使用することができます。電池パックの容量によって点灯可能な時間は異なりますが、満充電の状態では蛍光灯を「強」の状態にして1時間から2時間程度点灯可能、同じく豆電球(探検球)の方は8時間から14時間点灯可能です。

上の3枚の写真の中で、1枚だけ燦然と光り輝いているものがありますが、コレ、実は探検球1灯のみを光源にして撮影したものです。普通だったら光源が発した光を被写体に当てて撮影するわけですが、この写真は光源自体を撮影しています。やっていることは、太陽表面の黒点観測写真の撮影みたいなものです。迂闊にもカメラのホワイトバランスを白熱電球の設定にして、しかも露出が充分過ぎるので燦然とし過ぎていますが、実際はろうそくの光のような、もっと細々としてほのぼのとした光り方をします。



壁裏センサー
パナEZ380B壁裏センサー

Jan 26, 2008.

壁の裏側がどうなっているのかを知るためのセンサーです。高周波の磁界を発生させるためのコイルで金属を検出し、静電容量の変化を検出して木材を検出するための電極を持っています。検出能力は結構凄いものでして、壁面より24mm奥にある木材とか、50mm奥にある金属部材などを検出できます。但し、アルミを蒸着させた断熱材なんかが壁の中に入っていると検出できなくなります。敵機のレーダーを欺瞞するためのチャフが全面的に撒いてあるような状態になっているからなんだと思います。

見かけは単純ですがかなり高機能でして、壁面から壁の裏側の造営材まで離れているか、近接しているか、なんて言う程度のことであれば検出できます。造営材の奥行きがどの程度あるのか、と言うことまでは検出できないですが。木材とプラスチックの区別をすることはできませんが、壁うらにあるものがプラスチックであっても検出することは出来ます。造営材の横幅を検出することは簡単でして、横方向にずらしながら検出していって、途中で検出し始めた場所から検出し終えた場所までの距離を測れば、その寸法がそのまま造営材の幅となります。

壁うらセンサーの一番の使用目的は「壁に金具を取り付けたい」と言うような際に、表面からは見ることの出来ない壁の裏側の状況を探るため、だと思いますが、その程度の目的でしたら間違いなく役に立つ程度の感度は持っています。旧製品となってしまったので販売価格は判然としませんが、私が買った時点では清水の舞台から飛び降りるような気分にはならないで済んだように記憶しています。後継機種のEZ3802と言う単3電池2本使用の機種でも税抜き定価が6000円をちょっと超える程度、実売価格が5000円をちょっと切る程度です。

この金額を高いと感じるか安いと感じるかは個人差がありますが、私は工具集めも道楽の内なので間違いなく安いと思って買い求めました。針を壁に刺して裏側を探るというようなものも売られていますが、余程安普請の家ならば兎も角も、或る程度以上まともな家ならば簡単に探り針なんかが壁を突き抜けてくれると言うことは無い筈なので、やはりこの種の電気的、科学的な道具を使うしか方法はないと思っています。因みに、床下の補強のために床面を切開する必要があって事前調査としてこの壁うらセンサーを使ったのですが、検出結果は全く以て正解でした。

メーカーのサイトを見ると、この製品はそれ程大した金額ではないものの「プロ用工具」に分類されています。この手のモノに数千円なりの金額を支出するような客は本職以外には考えにくいからなんだと思います。私自身も「なんでこんなモノを持ってるの?」と、何人もの知人に尋ねられましたが、、、まぁ、普通の素人はこの手の道具は買わないでしょうねぇ。

使い方はごく簡単でして、電源スイッチを押しながら壁面をなぞって行くと或る箇所で壁裏の木材なり、金属なり、プラスチックなりを検出して円盤?下の三角形が点灯します。対象物に近づくに連れて、点灯する三角形が中央上部に寄って行きます。一番中央まで三角形が移動してくれば、丁度対象物の場所にたどり着いていると言うことです。こう書けば簡単ですが、なにぶんにも見えない場所を索敵しているのですから、たったこれだけのことが出来るようになるだけでも大したものです。磁気誘導魚雷と言うモノがありますが、金属検出の方はそれに習ったものではないかと思われます。静電容量誘導魚雷というものは聞いた記憶がありませんので、果たして、この種の壁裏センサー以外の装置にも利用される理論であるのかどうか、定かではありません。



パナソニック製壁裏センサーEZ380B。
さて、この壁裏センサーで人体を測定するとどうなるか? 家内を立たせて人体実験(笑)してみました。下手に動かれると実験結果が曖昧になるのできちんと身動きできないように壁に磔にしてからと思ったのですが何故か凶暴な表情(笑)をするので、立たせたままで骨格を検出しようと思ったのですが、、、無理でした。その代わりに妙な場所で金属を検出するのですが、、、どうやらブラジャーの背中のホックを検出していたようです。フロントホックだったらどうなるか試そうと思ったのですが、引っ叩たかれるか、胸の谷間に挟んだままで持ち去られてしまいそうな気がしたので思い止まりました。家内だけで試すのも人が悪いような気がしたので自分の体でも試してみましたが、私の方が血の気が多いからなのか、動脈や静脈を検出するようです。食事の関係で、私は鉄分が多いからかも知れないです。

さすがにこの壁うらセンサーは12Vのバッテリーパックを使うようには設計されておらず、電源は006Pの9Vの積層電池です。結構古い製品なので、オキシライド電池は恐らく使えないと思います。理由は判りませんが、後継機種のEZ3802も推奨電源は単3アルカリ電池であって、メーカーのサイトを見てもオキシライド電池の使用の可否は判然としません。



パナソニックのニッカド電池用充電器/EZT002

Jan 26, 2008.

ニッカド電池専用の充電器で、機能はかなり絞られています。単機能もいいところで出来ることは充電のみ、放電させる(いわゆる“リフレッシュ”させる)ことが出来ません。比較的価格の安い「家庭用電動工具セット」的に販売されているものの中に同梱されている充電器はこいつである場合が多かったようです。今では製造終了のようですから、仮に在庫処分的に叩き売りされているものを手に入れることができるのであれば間違いなくお買い得だと思います。

実は手持ちのニッカド電池パックがかなりへたって来ています。EZT608(インパクトドライバ)EZT112(ドリルドライバ)使っている程度では不都合はないのですが、EZT502(丸ノコ)だとかなりかったるくて、満充電にして2×4材を数本切っただけでもトルクが落ちてきていることが判ります。1年程度の内にはニッカド電池パックは全数交換するしかないと思っているのですが、どうせ使わなくなるんだったらGゲージ用に転用して電池駆動化し、その際の電池ボックスを作る部品にしてしまおうかと思い、この充電器を買い集めつつあります。



パナソニック製ニッカド電池用充電器EZT002。
パナソニック製ニッカド電池用充電器EZT002。



パナソニックのリチゥムイオン電池用充電器/EZT003

Apr 29, 2011.

外観はEZT002に良く似ていますが、002が12Vのニッカド電池用だったのに対し、こちらの003はEZ9L31のような10.8Vのリチゥムイオン電池用の充電器です。外観が似ているとはいうものの、金型などは明らかに違うものを使用しています。

電池を挿入する箇所が蒲鉾型断面になっていますが、この辺りもニッカド電池用の充電器と共通です。当然ながら、この充電器で充電できるリチゥムイオン電池は、従来ニッカド電池を使用していた工具でも使用することが出来ます。多機能充電器EZ0L80と比べると、充電できる電池の種類が実は全く異なります。その代わりと言うか、こちらには冷却用のファンは付いていませんので使用中にファンが発する騒音は当然ながら皆無です。

結局、私が持っているパナソニック製の全ての電動工具用充電池は、私が持っているパナソニック製の全ての電動工具で使用できるにも拘わらず、充電器だけは余り互換性があるとは言いにくい3種類のものが揃ってしまう結果となりました。



パナソニック製リチゥムイオン電池用充電器
パナソニック製リチゥムイオン電池用充電器EZT003



多機能充電器
パナEZ0L80

Jan 26, 2008.

EZT002とは異なり、かなり高機能な充電器です。EZT002の方がニッカド電池の充電しかできなかったのに対して、こちらは放電機能(いわゆる“リフレッシュ”機能)があります。更には、ニッカド電池の他に、ニッケル水素電池やリチウムイオン電池の充電・放電ができます。但し、高機能とは言っても電圧の高い電池しか充電・放電できません。この装置で充電・放電できるのは定格7.2Vから24Vのニッカド電池とニッケル水素電池、定格14.4Vと28.8Vのリチウムイオン電池です。2.4Vとか3.6Vの電池は、別の充電器を使わなければならないです。そうは言っても、拙宅には12Vの電池パックを使う工具しかないし、この先、違う種類の電池パックを使う工具を買うとしてもそれは間違いなくもっと高圧の電池を使う工具だと思うので、当面は高圧志向?のこの充電器だけで十分なようです。

さすがに高機能を謳う高圧?電池用の充電器だけのことはあって、冷却用のファンを内蔵しています。まさかファン付きだとは思ってもいなかったので、ACコードをコンセントに差し込んだ途端に「ぶ~ん」と唸り始めたのでちょっと驚きました。型番はちょっと判りにくいですが、イーゼット・ゼロエルハチゼロです。頭の3文字はイーゼットオーではなくてイーゼットゼロが正解です。上述の単機能充電器の方はイーゼットティー・ゼロゼロニです。



パナソニック製充電器EZ0L80。
パナソニック製充電器EZ0L80



パナニッカド電池EZT901

こちらは充電器そのものではありませんが、現在使っているニッカド電池EZT901です。私が能動的、かつ、自発的な意志に基づいて買い求めたのではなくて、セット売りの工具を買ったらオマケに付いてきたのがこの電池です。現状ではパナソニックのニッカド電池は灰色と赤色のプラスチックのケースに入っているみたいですが、私がこの電池を工具とセットで買い求めた頃は、ニッカド電池はご覧の通りに灰色と黄色の配色のケース入りでした。色の感じはJR総武線の黄色ではなくて、営団地下鉄時代の銀座線の鋼製車のような色で、少しオレンジ色が掛かったような感じです。



パナソニック製ニッカド電池EZT901
パナソニック製ニッカド電池EZT901



パナリチゥムイオン電池EZ9L31

Apr 29, 2011.

10.8Vのリチゥムイオン電池で、12Vのニッカド電池EZT901が使用できる機器であれば、そのまま使用できるというものです。工具に挿入する箇所が蒲鉾型断面になっていて、この蒲鉾型の左右側面の電極が工具に電力を供給するためのモノのようです。充電する際に使用する電極は蒲鉾の頭頂部と、底部にある電極のようです。

以下、多分に想像を含みますが充電用の電極に流す電流は充電器側でかなり厳密に監視しているようで、そのせいもあってニッカド電池用の充電器は共用出来なくて、ニッカド電池用の充電器はEZT002であるのに対し、こちらのリチゥムイオン電池を充電するのは専用のEZT003に限られます。電池自体の定格電圧が10.8Vと少々低めだから当然とも言えます。

使用感は、、、へたってしまったニッカド電池との比較ですから殆ど無意味ですが、やはりトルク感はかなり感じられます。1個辺りの買い値は税込10000円を超えていますからかなり高額ではあるのですが、デジタルカメラ用のリチゥムイオン電池だって似たような金額ですから、この電池だって不当に高いと言う訳ではありません。なんと言っても、へたったニッカド電池と比べれば大幅に充電間隔が延びた点は、予想していたとは言え嬉しい処です。



パナソニック製リチゥムイオン電池EZ9L31
パナソニック製リチゥムイオン電池EZ9L31



机上の空論

机上の空論1:工具に関する私的考察

June 10, 2001.

「空論」と自ら名乗る通り、余り大した事は書いてありませんが、私の感想文みたいなものです。

生まれ付き貧乏なので、つい、安くて小さな工具を買ってきてしまいます。何かの必要に迫られて日曜大工的な作業をしなければならないのならば話は別ですが、「ある程度日曜大工が好きで、継続的に何等かの作業をする」と言う話であれば、これはもう、ほぼ絶対確実に工具の購入資金は可能な範囲内で目一杯ブチ込んだ方が良いと思います。「過剰と思われる品質を持つ品物」を買うのと「今現在は必要にして充分だろうと思われる品物」を買うのとでは、、、買い物をした当日の収支は兎も角も、長い目でみると絶対に過剰品質くらいの物を買った方が、却って安く付きます。

「小型旋盤KS200で工作する」で時々ダイスを使ってネジを立てる作業が出てきますが、あれに使っているのはM3、M4、M5、M6、M8のダイスとタップとそれぞれのハンドルが1ピースづつ入っている「ネジ作りセット」です。荒タップでも無ければ上タップでも無い、どうやら全部中タップと中ダイスだけで安売り用にセットを組んだ品物みたいです。息子と一緒に某DIY店に買い物に行った時にセット物はこの工具しか売っていなかったから仕方なかったんですが、こんなささやか過ぎる工具セットで作業するから余計な苦労をする破目になります、ただでさえ不器用なんだから。

足りない分は買い足せば済む事ですが、それだと買い足しに行く手間が余計です。多少探し廻ってでも、過剰品質ではあろうとも、最初から内容豊富なセットを入手した方が結局はお得です。このコンテンツの前の方に出てくるスイスツール製の先端交換式ドライバも、私の工作内容からすると、現段階では過剰品質です。特に、トルクスドライバなんてこの1年以内に使う機会があるかどうか、、、それでも、セット物はセットで揃っていないと気分が宜しくないし、いざ必要になった時に買い足す為だけに出掛ける事は徒労です。セット物工具は、やはり目一杯のフルセットで揃えるに限ります。



後日談(July 2, 2005.)

この文章に記載した機器類は、ネットオークションなどで売却している場合があります。あくまでも、この文章を書いた時点での「空論」ですので、その点を勘案してお読みいただければ幸いです。



机上の空論2:工具屋さんに関する私的考察

May 18, 2003.

電動工具の大部分はドイトで買い求めています。反面、手動工具類は近所のDIY店等で適当なものを買い求めています。私的な印象ですが、ドイトには少々荒っぽい作業に使うような質実剛健な工具が多いように思います。

「たまにしか自動車通勤はしないので、帰宅途中に買い物するとなると小型軽量な手動工具を東急ハンズで買う機会が多く」と以前は書きましたが、今年になって人事異動があって連日自動車通勤です。大雑把ですが月曜日の出勤時と金曜日の退勤時はバス+電車+バスですが、それ以外はほぼ社用車で配送業務のようなことをやりながらの直行・直帰です。そのような事情もあって、乗り換え無しでバス1本だけで勤務先から出撃できる範囲に東急ハンズは3軒在るのですが、最近は半年に1回行くか行かないかと行った状況です。序でに書くとヨドバシカメラもビックカメラも同様に乗り換え無しの範囲で数店舗在るのですが、こちらも勤務時間との兼ね合いで2ヶ月に1回行ければ良い処です。「目が回るほど忙しい」と言うことではなくて、この種の販売店でゆっくり品定めをできる時間に辿り着けない、と言うだけですから過労死の心配とは無縁なのがせめてもの救いですが、、、。

そのような訳で、最近は立ち回り先が大分変わりました。土曜日や日曜日にドイトに買出しに行くのは簡単なことですが、それだと半日近くは実質消費してしまいますから極力自動車で直帰する際の帰宅途中に工具類、材料類は買い付けるようにしています。そのような訳で、最近では帰宅経路との兼ね合いもあってオリンピック、ホームセンターコーナン、からの買い付け比率が上昇しつつあります。

オリンピックと言うのはそこそこ名の通ったディスカウントストアですが、同じオリンピックの中でも「ハイパーマーケット」と分類される店舗には、そこそこの工具類が販売されています。野菜売り場の裏側がDIY売り場になっていて、しかもDIY売り場の品物は食品類と同じレジで支払います。さすがに「園芸用の土とかは食品と同じカゴには入れないで」と言う表示はありますが、溶接棒とカツオの叩きだったら一緒のカゴに入れて一緒のレジで支払っても何の不都合もありません。

買い物用のカートに溶接機とスイカを一緒に入れて階上の駐車場で自家用車に積み込んで持ち帰る、、、なんて光景は如何にもアメリカ的と言う印象があったのですが、考えてみれば実に合理的です。日本のように人口が極端に集中している場所では早い時間に駐車場に自動車を入れてしまわないと待ち時間ばかりが長くなってしまって、2ヶ所も3ヶ所も車を移動させながら買い物をしていたのでは時間が無駄になるばかりです。そう言った点では同じ店舗で溶接機とスイカを買うわけではありませんが、イオン南砂店やドイト南砂店のように同じ敷地内にスーパーマーケットとDIY店が在って建物が隣接しているために駐車場が共通になっているのも、それぞれの店舗の特性が十分に発揮される上に自動車を移動させる必要は無いのですから、これまた合理的な話です。

暫く前に旋盤とフライス盤を入手しましたから、もうちょっと金属加工志向の北区昭和町や墨田区亀沢町辺りの工具店街にも出没したいのですが、ごく普通のサラリーマンとしては土曜日曜しか時間が自由になりませんから、中々行く機会に恵まれません。車いじりに手を出すようになれば、自動車関係の工具屋さんにも出入りするようになるかもしれませんが、現状ではそこまで高尚?な工具を必要とする程の作業をしていません。大雑把な木工工作の日曜大工をすることが多いですから、、、。そのように考えるとお父さんの自分の買い物と、奥方様の日常品の買い物が一度に済ますことのできるハイパーマーケット的な店舗の存在は買出し自動車の運転担当のお父さんにとっても、実に便利この上ない話です。



コードレス電動工具について

June 21, 2008.

充電式の、コードレス式の電動工具と言うものは、工具自体がありさえすれば何処でも作業することが出来ます。これに対して普通のAC100Vの紐付き?電動工具はコンセントが作業現場のすぐ近くにあれば良いですが、まぁ、そんなに都合の良い場所に毎度コンセントがあるわけはありません。拙宅でDIYの工作をする場合は、大抵の場合は庭で仕込み工作をしておいてから作業場所に持ち込みます。いくら自分の家の庭だからといって滅多やたらな場所で電動工具を使うわけに行かないのは当たり前です。当然、日常的な仕込み工作をする場所も、屋外用コンセントを設置した場所からは若干離れていますので、コードリールを引き回してやる必要がありますし、仕込み工作が済めば本来の工事箇所へ移動しなければなりません。この、コードリールを引き回すと言う作業は、率直に言って面倒です。

例えば膨大な数量の材木を裁断するならば、簡単に考えればコードリールを引き回して電動丸ノコでぶった切る、と言うことになりますが、裁断する本数がたったの1本か2本だった場合、電動工具を使わずに手引きノコで作業をします。裁断すること自体よりもコードリールを引き回すことのほうが面倒くさくて遥かに苦痛だからです。それでは裁断する材木の本数が増えていった場合、或る時点で損益分岐点ならぬ横着分岐点?とでも言うべき限界本数がある筈です。例えば、8本までだったら手引きノコで作業するけれども9本だったら嫌々ながらもコードリールを引き回して紐付き電動工具を使うとか、今日は体調がいいから12本までは手引きノコで頑張るとか。

然しながら心理的な足枷になっているのはコードリールを引き回さなければならない面倒臭さですから、充電式のコードレス電動工具を揃えてしまえば済むことです。勿論、こんなことは大昔から判りきっていたことですが、、、。実は以前から作っていたウッドデッキが大雑把に使えるようになりましたので、今後は拙宅では、余りに大量の材木をどうこうすると言う作業が発生することは無さそうです。それよりも、細かい作業を頻繁に、そこかしこで繰り返す必要性が増えそうです。そうなると、益々以って横着分岐点?とも言うべき工程数は下がるわけです。こっちでネジを2本ぶち込んだら、あっちでは材木を1ヶ所切断するとか、、、。そのようなことも勘案するとやはりコードレス、充電式で、紐付きでは無い工具を持っていた方が取り回しには便利ではないかな?と言うのが、充電式の工具を買い求めた最大の理由です。

当然ですがコードレス工具には相応の限界はあります。AC100Vの紐付き工具であれば、電力は無尽蔵に供給できるのですから、極論すれば出力は無際限に向上させることが出来ます。50馬力だとか100馬力だとかの電動ドリルを作ることであっても別に難しいことではありません。重量が100kgだとか200kgだとかの電動丸ノコは、さぞや高性能で、20cm各程度の角材であればマッチ棒を加工するかのようにスパンスパンと裁断できることでしょう。但し、その手の高性能な工具を片手で取り回し手作業できるかどうかは大いに疑問です。

結局はこの辺りにも何らかの分岐点のような、精神的なスレッショルドレベルとでも呼ぶような見えざる境界線があって、自分自身がその境界線を意識の中の何処に据えるかが問題になります。このことは、自分自身がどの時点で割り切るかという問題でもあります。私自身に関して言えば、現用中のパナソニックの12V系列の工具の内、丸ノコは40mm厚の板材を裁断できるという点が大きな決め手となってこの系列の工具を選びました。40mm厚の板材と言うのは2×4材の板厚にプラス2mmの余裕を見込んだ数値ですが、2×4材さえ裁断できるのであれば、これ以外の点は多少は目をつぶることが出来ると思ったからこのシリーズの工具を選んだわけです。当然ながら、12Vの電池を使うこの系列の工具は純粋に民生用工具なので、それ程高額な負担をしなくても済むと言うことでもあります。“安物買いの銭失い”と言う表現も、、、まぁ、当たってはいますなぁ(笑)。

それでは、どの程度の境界線なりスレッショルドレベルなりで割り切るかです。概ね高出力、高機能、高性能の機種であればあるほど重くて、大きくて、高価になります。必要もないのに高いモノや大きなモノを買っても無意味なので、私なりに考えた結果がパナソニックの12V系の機種であったと言うことです。勿論、品揃えの点もあります。2機種持っている工具が2機種とも違う仕様の電池パックを使うからと言っても、たった2種類の電池パックだけを用意すれば済むことです。これならば大した苦労ではありませんが、5機種なり10機種なりの工具を持っていて、電池パックの方も5種類も10種類も揃えなければならないのだとすれば、とてもじゃないけどやっていられないというのが本音ではないかと思います。可能であれば、手持ちの全ての工具で、全ての電池パックが組み合わせて使用できるようになっているのが最善であり、最悪でも2種類程度の電池パックまでに止めるのが賢明だと思います。

それから先は自分の好みの問題もありますし、普段買い物しているDIY店、ホームセンター、通販店で入手しやすいかしにくいかと言う問題もあるかと思います。そう言った点も勘案して、私はパナソニックの12V系の機種を選んだのですが、これがマキタなり、リョービなり、デウォルトなりの工具でも良かったと思っています。実はナショナル製品は割と商品構成が単純で、基本的にはドリルと丸ノコしかありません。ジグソーやサンダーの類がないし、その代わりに私としては余り使い道のないガーデニング用電動バリカンなんてのがあったりしますので、実は内心、他社製品に乗り換えようかと思わないわけでもなくはありません。