タキ9550型について

June 10, 2006.

タキ9550はガソリン用の35t積みのタキで、葉巻型ではない段付き異胴径のタンク体を使用しています。直系の先祖?はタキ9800・タキ9900と言うフレームレス構造のタンク車であったのですが、タンク体に直接台車を取り付ける構造は強度的に不安があるからなのか、1966年(昭和41年)に台枠付きで2輛のみ試作された車輛です。この車輛のものは軽量台枠なんだそうで、そのせいもあってか、中央梁にオマケをちょっと追加した程度の貧相な台枠を使っています。普通のタンク車は台枠の両端でタンク体を支えるのだと思うのですが、この車輛はいかにも取って付けたように、台枠の中央付近にもタンク体の支えが取り付けてあります。



タキ9551

June 10, 2006.

日本石油輸送タキ9550型タキ9551。2006年(平成18年)6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ9550型タキ9551。2006年(平成18年)6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



TR41C台車。2006年(平成18年)6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
タキ9551が履くTR41C台車。この車輛に限らず、ちょっと前の貨車でしたら軒並みこの台車を履いています。典型的なベッテンドルフ台車の一種ですね。