タキ50000について

May 2, 2009.

タキ50000は段付き異胴径の50t積みのガソリン輸送用タンク車です。満載にすると80t程度で2軸ボギーでは軸重の点で無理がありますから、3軸ボギーとなっています。1960年(昭和35年)から1965年(昭和40年)に掛けて90輛程が製造されました。要するに高度成長期に輸送効率の高い大量に詰めるタンク車として作られたわけですが、やはり既存の積み込みし悦側との整合性を考えると大きすぎて使い勝手は良くなかったようです。その点では、最近のタンク車が軒並み40t超の積載量になる代わりに使用する路線を限定しているのは、なかなか巧い発想じゃないかと思います。



タキ50067

May 2, 2009.

モービル石油タキ50000型タキ50067。1983年(昭和58年)4月、国鉄塩浜操車場駅にて撮影。
上の写真の車輛はモービル石油タキ50000型タキ50067。1983年(昭和58年)4月、国鉄塩浜操車場駅にて撮影。清水駅常備、自重28.0t。