タキ1500・タキ2100について

May 2, 2009.

タキ1500は石油類用の35t積みタキで、確か、戦前設計の車輛です。タンク車としては一番汎用性の高い設計と言いますか、単なる丸パイプを寝かせただけのようなノホホンとした外観です。アサーン辺りのアメリカ型タンク車を買ってきても、レタリングさえ変えてやれば簡単に量産できてしまいます。その昔の「模工(模型と工作)」誌にマーブルチョコレートの空き容器を再利用してタンク車を作る、なんて記事が掲載されていましたが、この種の車輛をプロトタイプに選んだのではないかと思います。

タキ2100も単純ずんどうタンク体の30t積みのタンク車で、専用種別は石油類です。石油類と一口で言っても軽油もあれば重油もあるし、油種によって比重がかなり違うために、用途ごとに変形車がかなり多いです。他形式にも変形車は色々とありますが、タキ2100の変形率?はかなり高いように思います。



タキ15556

May 2, 2009.

日本石油輸送タキ15556。1984年(昭和59年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ15556。1984年(昭和59年)9月、神奈川臨海鉄道千鳥線千鳥町(ちどりちょう:神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。沼垂駅常備。自重は18.4t。



タキ21528

May 2, 2009.

日本石油輸送タキ1500型タキ21528。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1500型タキ21528。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)駅にて撮影。



タキ2385

May 2, 2009.

日本石油タキ2100型タキ2385。1984年(昭和59年)4月、国鉄新興(しんこう:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油タキ2100型タキ2385。1984年(昭和59年)4月、国鉄新興(しんこう:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。



タキ2386

May 2, 2009.

日本石油タキ2100型タキ2386。1984年(昭和59年)4月、国鉄新興(しんこう:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油タキ2100型タキ2386。1984年(昭和59年)4月、国鉄新興(しんこう:神奈川県横浜市神奈川区)駅にて撮影。神栖駅常備、自重18.8t。