(新)タキ1000について

July 1, 2015.

(新)タキ1000は1993年(平成5年)から製造されている45t積みのガソリン用異胴径タンク車で、最近はこの車輛ばかりお目にかかるようになりました。35t積み車の代替であると同時に、最高速度を95km/hに引き上げてある俊足車輛でもあります。自重が17t程ですので(45t+17t)÷4=15.5t、と言うことから満載時の軸重は15tを突破しますから、入線できる路線には相応の制約があります。

車番の振り方も、この車輛辺りからハイフン付きの番号に変更されています。例えば、(新)タキ1000の1234号車であれば、従来式ならばタキ1234となる処が、タキ1000-1234と言った具合ですね。この辺りはタキ1200など、新しくJR貨物の車籍に入った貨車なども同様です。

「(新)」と断り書きが付くからには、新しくない初代とかがあるわけですが、(旧)タキ1000の方は1945年(昭和20年)と1946年(昭和21年)に原油用として製造された6輛が振り出しとなります。「原油」と言う専用種別も随分興味深いですが、戦時設計で25t積でありながら実際には22tしか積めなかったとか言う箸にも棒にも掛からない途方も無い車輛です。現存する「(新)タキ1000」とは形式番号が同じであるというだけで、車輛そのものには何の関連性も無いですけど。



タキ1000-3

日本石油輸送タキ1000-3。2004年(平成16年)5月、JR根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-3。2004年(平成16年)5月、JR根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。



タキ1000-119

日本石油輸送タキ1000-119。2004年/平成16年5月、JR根岸駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-119。2004年/平成16年5月、JR根岸駅にて撮影。



タキ1000-201

日本石油輸送タキ1000-201。2006年/平成18年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-201(2006年/平成18年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-239

日本石油輸送タキ1000-239。2007年/平成19年11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-239。2007年/平成19年11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-277

日本石油輸送タキ1000-277。2013年(平成19年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-277。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



タキ1000-329

日本石油輸送タキ1000-329(2002年/平成14年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-329。2002年(平成14年)6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。青塗装の日本オイルターミナルからの移籍車ではないかと思われます。



タキ1000-361

日本石油輸送タキ1000-361。2006年/平成18年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-361。2006年(平成18)年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-363

日本石油輸送タキ1000-363。2006年/平成18年6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-363。2006年(平成18年)6月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-395

日本オイルターミナルタキ1000-395。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナルタキ1000-395。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。日本オイルターミナル所属の色違い車で、濃紺に塗られています。この塗装は、以前は模様のようなものがあったのですが、単純な濃紺一色になっています。妙に綺麗ですが、2008年(平成20年)7月に全検を通ったばかりの状態を撮影しています。



タキ1000-397

日本オイルターミナルタキ1000-397。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナルタキ1000-397。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-427

日本石油輸送タキ1000-427。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナルタキ1000-397。2008年(平成20年)7月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-593

日本石油輸送タキ1000-593。2007年/平成19年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-593。2007年(平成19)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-615

日本石油輸送タキ1000-615。2013年(平成19年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-615。2013年(平成25年)8月、JR内房線蘇我(そが:千葉県千葉市中央区)駅にて撮影。



タキ1000-675

Oct 1, 2015.

日本オイルターミナル所有タキ1000-675。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナル所有タキ1000-675。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



日本オイルターミナル所有タキ1000-675。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真は日本オイルターミナル所有タキ1000-675の車体標記。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



日本オイルターミナル所有タキ1000-675。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真は日本オイルターミナル所有タキ1000-675の車体標記。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-694

Dec 1, 2015.

日本オイルターミナル所有タキ1000-694。2015年(平成27年)11月、JR貨物川崎貨物駅(神奈川県川崎市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナル所有タキ1000-694。2015年(平成27)年11月、JR貨物川崎貨物駅(神奈川県川崎市)にて撮影。



タキ1000-710

Oct 1, 2015.

日本オイルターミナル所有タキ1000-710。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナル所有タキ1000-710。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



日本オイルターミナル所有タキ1000-710。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真は日本オイルターミナル所有タキ1000-710の車体標記。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



日本オイルターミナル所有タキ1000-710。2015年(平成27年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真は日本オイルターミナル所有タキ1000-710の車体標記。2015年(平成27)年9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



タキ1000-727

Dec 1, 2015.

日本オイルターミナル所有タキ1000-727。2015年(平成27年)11月、JR貨物川崎貨物駅(神奈川県川崎市)にて撮影。
上の写真の車輛は日本オイルターミナル所有タキ1000-694。2015年(平成27)年11月、JR貨物川崎貨物駅(神奈川県川崎市)にて撮影。



タキ1000-877

Sept 1, 2013.

日本石油輸送タキ1000-877。2013年(平成19年)8月、JR根岸線根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ1000-877。2013年(平成25年)8月、JR根岸線根岸(ねぎし:神奈川県横浜市中区)駅にて撮影。新製されて2か月ほどでの撮影です。



FT21台車。2007年(平成19年)9月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
(新)タキ1000が履いているFT21台車で、軸距離1900mm、車輪直径810mmと、かなり小振りの台車です。タキ1200が履いているFT21A台車もほぼ同様です。



FT21台車。2007年(平成19年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
こちらもFT21台車ですが、後天的改造なのか、ペデスタル上部に補強板のようなものが溶接されています。