タキ9400型とタキ20600型について

July 1, 2016.

タキ9400は30t積の脂肪酸用タンク車です。普通のタキ1500やタキ3000などと同じく単純な円筒形のタンク体を持ちますが、保温のためのカバーが掛かっていてグラスウールが充填されている分だけタンク全体が太くなっています。そんな関係もあって、見た目はラテックス用のタンク車に良く似ています。1962年(昭和37年)と1966年(昭和41年)に合計3輛が製造されています。

当初の所有社は花王石鹸ですが、後に日本石油輸送に移籍しています。恐らくはアウトソーシングの一環としてタンク車を丸ごと運送会社(=日本石油輸送)に売却したと言う事なんでしょう。序でに書くと、神奈川県川崎市川崎区に在る花王石鹸の工場は、日本石油輸送のメンテナンスセンターとは指呼の距離です。

タキ20600の方は1971年(昭和46年)に1輛のみ製造された35t積のタンク車で、葉巻型のタンク体を持っています。こちらも断熱材は施してあるためにタンクの断面(と言うか端っこ)が鍔付になっています。鍔の部分の厚みが断熱材と、その蔽いの厚みと言う事なんでしょう。こちらは当初から日本石油輸送の所有です。

脂肪酸と言うモノも素人には些か難解ですが、サラダ油に多いリノール酸だとか、オリーブ油に多いオレイン酸だとか、この辺りの代物であれば聴いたことがおありかと思います。この種のタンク車がオリーブオイル輸送用と言うことでは無いと思いますけど、、、。因みにに脂肪酸が不足すると疲労、発育不良、皮膚炎などの原因となり、脂肪酸を摂りすぎると肥満、脂質異常症、動脈硬化などの原因となるそうです。桑原桑原。



タキ9401

July 1, 2016.

日本石油輸送タキ9401。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ9401。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。右端にタンクの端部だけが見えている車輛は、後述のタキ20600です。



タキ20600

July 1, 2016.

日本石油輸送タキ20600。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛は日本石油輸送タキ20600。1987年(昭和62年)11月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。栄光のトップナンバー車と言うかラストナンバー車と言うか、よーするにこの車輛は1型式1輛です。狙って撮りに行って写せるような車輛ではありませんから、この日は前述のタキ9400と共に希少車輛が撮影出来てラッキーでした。