石炭酸用タンク車タキ20500

Sept 1, 2016.

またしても少数派車輌を見つけて来ました。と言うのか、ロクに科学的な性質とかを知りもしないで写真集め?に終始しているのですから、子供の昆虫採集と、私有貨車の撮影は紙一重です。

それはさておき、タキ20500は1970年(昭和45年)から1992年(平成4年)に掛けて21輛製造された35系と言うか、葉巻型タンク型を持つ2軸ボギーのタンク車です。以下の写真のタキ20513はニヤクコーポレーションの所有ですが、この場所でタキ20500を撮影するのは初めてですし、ニヤクコーポレーション所属の車輛を撮影するのも記憶している限りでは初めてです。

石炭酸とはフェノールの和名のようですが、フェノールとホルマリンを反応させるとベークライトが出来上がります、、、不毛な説明ですね。



タキ20513

Sept 1, 2016.

ニヤクコーポレーションタキ20500型タキ20513。1999年(平成11年)4月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛はニヤクコーポレーションタキ20500型タキ20513。1999年(平成11年)4月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。



ニヤクコーポレーションタキ20500型タキ20513の諸元表示。1999年(平成11年)4月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。
上の写真の車輛はニヤクコーポレーションタキ20500型タキ20513の諸元表示。1999年(平成11年)4月、日本石油輸送川崎メンテナンスセンター(神奈川県川崎市川崎区)にて撮影。

常備駅は「前川駅」となっていますが、恐らくは京葉臨海鉄道の前川駅だと思います。